• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

オウム真理教

,

吉沢ひかる

,

麻原彰晃

0126oumushin_01.jpg
※イメージ画像:『検証・オウム真理教事件―オウムと決別した元信者たちの告白』

 地下鉄サリン事件や坂本堤弁護士一家殺害事件など凶悪事件を起こしたオウム真理教。地下鉄サリン事件から23年が経過したが、芸能界は今も“オウムの影”におびえているという。一見すると関連性がないように思われるが、いったいどのような事情があるのか。

「今の30代や40代以上ならばオウム真理教と聞けば過去の凄惨な事件を連想します。ですが、若い世代からすれば事件の記憶がない人も多いのも当然で、何も知らないままに入信してしまう人やオウム残党やオウムに関連するヨガ道場などに通ってしまう人もいるんです」(芸能プロ関係者)

 たしかに、事件から20年以上が経過しており、事件の風化が著しい。そうなれば若い世代は何も知らないケースもあるはずだ。しかし、なぜ芸能界がそのようなことを心配するのか。

「昨年も清水富美加が幸福の科学の活動に専念するため『出家』したように、宗教にハマる芸能人は意外と多いんです。とくに若いアイドルや俳優などはスピリチュアルな分野に入れ込む人もいますし、体形維持のためにカルト的なダイエット・プログラムに精を出すタレントもいます。日本では宗教にのめり込むとマイナスのイメージを持たれることもありますが、それがさらにオウム関連となれば仕事にも支障をきたすため、芸能事務所としては恐れているんです」(同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。