>  >  > 薬物で米国の平均余命短縮
連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第44回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

薬物中毒死が急増のアメリカで平均余命が短縮! 日本のドラッグ汚染はどこまで?の画像1
ドラッグ汚染大国・アメリカを反面教師に!(http://jp.depositphotos.com)

アメリカではオピオイド(麻薬)やマリファナ(大麻)などの過剰服用は深刻な問題である。

 ABCの調査によると、現在、アメリカでは1日129人が薬物過剰服用によって死亡。その数は、銃犯罪や交通事故などによる不慮の死よりも多いのが現状である。さらに驚くべきことに、アメリカ国立健康統計センターの報告では、2016年、オピオイドなどによる急性薬物中毒死が6万3000人以上認められ、前年の死亡症例よりも21%も増加していた(「HealthDay News」より)。

 この2年間で比較すると「悪性腫瘍」「心疾患」「肺炎などの呼吸器疾患」「糖尿病などの慢性疾患」による死亡率は低下または横ばいであったが、「薬物中毒死が急増」したため、アメリカ人の平均余命が2016年には78.6歳と前年よりも0.1年短縮したことのことであった。

 さらに2016年の死因では、「薬物中毒死を含む事故死」が「心疾患」「悪性腫瘍」に次いで第3位となり、前年3位の「肺炎などの呼吸器疾患」よりも上位にランクされた。

 特に25~54歳の年齢層で、薬物中毒死が「人口10万人あたり35人」と最も多かった。54歳以上の高齢者層では、むしろ2年間で減少傾向を示していた。

 またフェンタニルなどの合成オピオイドによる死亡例が、2015年に「10万人当たり3.1人」より翌年には「10万人当たり6.2人」と急増したことも判明。これらの報告より、現代の「病めるアメリカ」における薬物中毒の抱える深刻さがうかがえるであろう。
 

アメリカの薬物中毒の現況と比較して日本の状況は?

 「オピオイド」や「マリファナ」が薬物中毒の主流であるアメリカとは異なり、日本では「メタンフェタミン」や「アンフェタミン」などの覚醒剤中毒が蔓延していた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。