>  > 死んだのに“棺の中”で生き返った5人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

医師

,

埋葬

,

山下史郎

,

昏睡

,

,

死体

,

死刑

,

病気

,

蘇生

■自身の埋葬計画を聞いていた女性

1801_hakaiki_07.jpg
画像は、「Candlepines」より

 ニューヨークに住むエレノア・マーカムは心臓に問題を抱えており、ハワード医師の診察を定期的に受けていた。しかし、彼女の体調は一向に良くならず、1894年7月に死亡。ハワード医師によって死亡診断書が発行され、2日後に棺へと納められた。彼女が入れられた棺は車で墓地へと運ばれていたが、その道中でエレノアは息を吹きかえし“生き埋めにされる!”と絶叫したという。目を覚ました彼女は“自分の埋葬準備について話す人たちの声を聞いていた”と、棺に入れられた後でも意識はあったと主張した。

1801_hakaiki_08.jpg
画像は、「redlegagenda」より

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。