• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

glassandphone.jpg
スマホ不眠にはブルーライトカットの眼鏡を(http://jp.depositphotos.com)

 デジタル機器から距離を置く取り組みを意味する「デジタルデトックス」という言葉がアメリカで生まれて6年ほどの月日が経つ。だが、近年私たちのスマートフォン依存は、ますます重症化していくばかりに感じられる。

 それを端的に物語るのは、多くの人が「寝る前スマホ」を習慣化していることだろう。

 2017年12月に養命酒製造が20~59歳のビジネスパーソン1000人を対象に実施した調査によると、「寝る前にスマホをいじる」と答えた人は41.4%にのぼる(『働く男女の冷え性とキャリアアップ・リーダーシップに関する調査』より)。

 また若年層でも同様で、岩手県立総合教育センターが県内の高校生にアンケートを取ったところ、43.6%が「部屋を暗くしてからもスマホを操作している」ことがわかったという(『岩手日報』2017年12月31日)。

 スマホなどの液晶画面から発せられている「ブルーライト」は、睡眠を促すホルモンであるメラトニンの分泌を抑制すことが近年明らかになっている。このため、夜間にブルーライトを浴びることは体内時計の乱れにつながり、睡眠に悪影響を及ぼすといわれている。

1週間の着用で睡眠時間が30分アップ

 

 ただ、そうしたことを頭では理解していても、一度ついた習慣を改めるのはなかなか難しい。そんな「よく眠れないけど夜のスマホもやめられない」とお悩みの人にちょっとした朗報だ。

 2017年、米コロンビア大学医学部のAri Shechter氏らによる小規模ランダム化比較試験(RCT)で、就寝前の2時間に「薄いアンバー(琥珀色)系の色が入ったブルーライトカット眼鏡」をかけると、不眠症の症状がある人の睡眠の質が上がることが示されたという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。