• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
0202nordic.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 エイリアンというと、最近はひょろっとした体と大きな頭と目を持つグレイや爬虫類型のレプティリアンを想像する方が多い。しかし、エイリアンにはグレイやレプティリアンの他にも多数存在している。その一つがノルディックエイリアンだ。

 ノルディックエイリアンは白人のような外見をしており、一見すると地球の人間と見分けがつかないとされる。多くの人々がこのタイプのエイリアンを目撃しているが、今回は海外サイト「Proof Of Alien Life」が紹介する特に重要な10人の証言をご紹介しよう。


1. ジェシー・ローステンバーグ

0202nordic-1.jpg
画像は「Proof of Alien Life」より引用

 ジェシー・ローステンバーグさんは子ども2人と共に、1954年8月21日、英国スタッフォードシャーの自宅上空に浮かぶUFOを目撃した。ジェシーさんによると、UFOはメキシコの帽子に似た形状をしており、2人のノルディックエイリアンが窓からジェシーさんたちを見下ろしていたという。


2. トラビス・ウォルトン

Nordic_02.jpg
画像は「Proof of Alien Life」より引用

 1975年11月5日の午後6時ごろ、米・アリゾナ州アパッチ・シトグリーブス国有林で働いていたトラビス・ウォルトンさんはUFOに拉致された。トラビスさんを誘拐したのは、茶色い目をした人間のような姿のノルディックエイリアンだったという。事件が起きたのは同僚らとの帰り道の途中で、トラビスさん含め計7人がエイリアンを目撃している。

コメント

1:匿名2018年2月 4日 10:57 | 返信

ダメだよ、アダムスキーとビリーマイヤーはインチキ確定してるんだからw
そして、チンコに巻き付いてた金髪をDNA鑑定したら、ノルディックエイリアンと判ったって?
へぇ~、DNAでエイリアンと判るんだw
何を根拠にエイリアンと断定できるんだ?
比較用のエイリアンのDNAサンプルとかあるの?w
それに、マックスウェルだっけ?エイリアンに守ってもらってたってw
何で突然居なくなるんだ?最後まで守ってやれよw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。