• このエントリーをはてなブックマークに追加


新納「でも、浪人時代に奈良原一高っていう写真家の『人間の土地』という作品を図書館で見て、稲妻に打たれたような気持ちになって、気づいたら写真家を目指してしまったので、仕方ないですね」

 海外での評価も高い奈良原一高とは、リアリズムが支配的だった戦後日本の写真界にあって、前衛的な独自の美意識をもとに「パーソナルドキュメント」という手法で写真を表現した作家だ。新納氏がそれまで持っていた写真というメディアの概念を覆した。

新納「当時の僕にとって写真は『いろいろな所にある情報を伝える薄っぺらいツール』だったんです。けれど、奈良原さんの写真はそういう写真とは違う、半端ない表現力とエネルギーを持っている物だと思いました。ありふれた印刷物、インクの集合体として見ていたのが、その中に大きな世界が広がっているように感じた。その『人間の土地』を見た時に『写真家にならないといけない』と思ったんです」


 偶然出会った写真に圧倒され「写真を撮ろう」「写真家になりたい」と思う人はいるだろう。しかし、「写真家にならないといけない」と思わされたというのだから、その体験はよほど強烈だったのだろう。

新納「『写真と撮りたい』とか『何かを撮ってみたい』ではなく『写真家のトップになりたい』って、普通とは順番が逆だったんですが、今でもその気持は忘れていません」

 1月25日より吉祥寺のbook obscuraにて『PEELING CITY』の写真展が催されている。写真家、新納翔が目の当たりにしてきた東京の変容を目の当たりにする絶好のチャンスだ。
(文=渡邊浩行)

■作家プロフィール

face.jpg

新納翔(にいろ しょう)
写真家。1982年横浜市生まれ。麻布高校卒業。早稲田大学理工学部応用物理学科中退。19歳の時に奈良原一高の『人間の土地』に出会い写真家を志す。以来、東京を中心に再開発により失われていく都市の風景を記録し続けている。これまで発表した写真集に『築地0景』(2015年 ふげん社)、『山谷』(2011年 Zen Foto Gallery)『Another Side』(2012年 リブロアルテ)がある。現在、新潮社web「yom yom」にて「東京デストロイ・マッピング」を好評連載中!
http://nerorism.rojo.jp/

■写真展info
★新納翔写真展『PEELING CITY 都市を剥ぐ』
会場:book obscura
住所:東京都三鷹市井の頭4-21-5-103
開催期間:1月25日〜2月12日まで
営業時間:12:00〜20:00
定休日 火曜日、水曜日
https://bookobscura.com/

★大阪での展示も決定!
新納翔写真展『PEELING CITY 都市を剥ぐ』@大阪
4月13日(金)〜4月24日(火)
場所:gallery176  詳細は近日公開予定
http://176.photos/

■写真集info

PEELING CITY ― 都市を剥ぐ
体裁 上製本クロス装 249mm×255mm×17mm 138ページ
デザイン 伊野耕一(INO DESIGN)
発行元 ふげん社
価格 5,500円(税別)


《各コメント》
■「山谷や築地市場に密着して撮影した写真で知られる新納翔の新作写真集は、東京を中心に、一回り大きな視点で撮影されたスナップショットを集成したものだった。東京オリンピックへ向けて、急速に変化していこうとする都市の表層を引き剥がし、欲望のうごめきを引き出そうとしている。的確なカメラワーク、巧みな写真の配置は、高梨豊の1960年代の名作「東京人」を思い起こさせる。「TOKYO1964」から「TOKYO2020」へ。新納と高梨の写真を比較してみると、2つの時代の「差異と反復」が、シンクロして浮かび上がってくるのではないだろうか。」
飯沢耕太郎(写真評論家)
出典元:日本カメラ11月号 飯沢耕太郎の歩く写真評論家「今月の注目写真集」

■「日本の都市は少しも構築的に作られていないので、真実に近づくために、脱構築の方法はおよそ有効ではない。新納氏はそこでPEELINGという方法を考え出した。鋳鉄のもろくなっている上皮がはがれること、剥脱(はくだつ)することという工業用語だ。東京にこの方法をラジカルに適用すると、はがれた上皮の下からすぐにピンク色の皮下質が出てくる。粘液がにじみ出てくる。写真は気配を撮るものという通念を超えて、彼は都市の上皮の下の唯物論的運動を撮ろうとしたのである。」
中沢 新一(文化人類学者)

■「「山谷」、「築地」と、東京の潜在的な質感を入念に撮ってきた新納翔さんの「PEELING CITY」(ふげん社刊)を拝見した。「皮をむく」などという表現よりも、中沢新一氏が印象を記すように、「剥奪」されていく(現在進行形として)都市のイメージが、写真家の疾走感とともに再現されている。(中略)新たなシューターの意欲的な仕事をうれしく思うと同時に、路上でシャッターを押すことの確信を、まだ私もしっかり共有していたいと思った。」
大西 みつぐ(写真家)

■「昔々、サロンピクチャーと言うのが流行った 散々バカにされたもんだ。今のSNSで2段飛ばしと言う白茶けた無内容な写真がそれにあて嵌る。SNSで最近輝く超新星のような写真を発見した新納翔。アクチュアリティーのあるシヤープでコントラストの強い作品である。西日が人物を魔法のように浮かび上がらせ私の心が躍る、ビルの上に重い黒雲が見える作品が私の心を明るくする・・・。輝く新しいドキメントの誕生である。」
田村彰英(写真家)

今月の写真

写真アーカイブ

  • 【R18展示】見世物小屋、拷問博物館、病理標本…世界のグロを集めた都築響一の“残酷劇場”が超刺激的! 写真280枚の巨大絵巻物は圧巻!2018.04
  • 【取材】20年以上“人間のマンダラ”を撮り続ける写真家・宇佐美雅浩!分断の地・キプロスを無限スケールの曼荼羅で表現!2018.03
  • “失踪を繰り返す父”と“行方不明だった伯母”を撮り続けた写真家・金川晋吾! ロングインタビュー2018.02
  • 妊娠したラブドールで人工知能&アンドロイドの未来を先取り ― 菅実花が見せる「人間と人形の境界線」2018.01
  • 今一番ヤバい街「川崎」を撮った写真家・細倉真弓に訊く! 不良、貧困、ヘイトデモ… その裏側にある“地獄のイデア”とは?2017.12
  • 【開催告知】大北朝鮮帝国展「切断芸術」が首領様をぶった切る! 「1000年残るモニュメント」「芸術理論なんか糞食らえ!」(現代美術家・生須芳英)2017.11
  • ゾクゾクするほど“圧倒的剥き出し”の沖縄写真集 ー 木村伊兵衛賞作家・石川竜一インタビュー「知ってしまったら逃げられない」2017.10
  • 2017.09
  • 2017.08
  • 【取材】世界大注目の「トリックメーク」が脳が歪むレベル!! 自分の身体をキャンバスにする韓国の美人アーティストが妖艶すぎる!2017.07
  • オリエント工業ラブドール40年間の集大成 『今と昔の愛人形』展にメロメロ! “しゃべるドール”の乳首からラブジュースも放出2017.05
  • 【R20】緊縛、絶叫、オネエ、切腹…! 「大人の見世物小屋」サディスティック・サーカスが日本にやって来る!2017.04
  • 恋人たちを“真空パック”する写真家・フォトグラファーハルがヤバすぎる! 息苦しいまでの愛の密着が、海外でも高い評価2017.03
  • 最強の性倒錯者ピエール・モリニエ/近親姦、両性具有、屍姦、人形愛… 孤高のシュルレアリストの希少コレクション公開!2017.02
  • 【写真】ベルリン、廃墟の神秘 ― 無人の核シェルター、化学工場…デビッド・リンチも欲しがった東ドイツの遺産2016.12
  • ISダーイッシュと戦うペシュメルガの兵士たちを独占取材! 日本の若き写真家がみた「想像もできない戦場」とは?2016.11
  • 遊郭、足舐め、見世物小屋…写真家・薄井一議が見せるSF的昭和が、最強にエモ・エロ・不穏でヤバすぎる!2016.10
  • 未だ解明されない謎の“縄文人タトゥー”を現代に蘇らせるプロジェクトが美しすぎてカッコイイ!2016.09
  • 男根、バオバブ、男と女……富山で性と生を描き続ける若き画家・牧田恵実インタビュー2016.08
  • ダリが認めたエイリアンの絵とは? ― “異形の巨匠”H・R・ギーガーのエロティックでグロテスクな世界2016.07
  • 特別ではない沖縄を撮った“特別な写真集”が揺さぶる沖縄観! 初沢亜利写真集 『沖縄のことを教えてください』2016.06
  • 「青」が気になりすぎた写真家が撮った“青のすべて” ― シュタイナー色彩論にヒントを得た熊谷聖司の写真集が美しすぎる!2016.04
  • 死ぬかもしれない写真集 『CAMP』 ― 写真家・石川竜一×サバイバル登山家・服部文祥対談2016.03
  • クソッタレな世界を疾走する若者たちの日々の欠片 ― 石川竜一写真集『adrenamix』の希望と絶望2016.02
  • 日本の民俗芸能は「美しいんだけど、怖い」 ― 集落に伝わる神々しい恐怖を捉えた写真家・西村裕介インタビュー2016.01
  • 死者と最も近い人々 ― とてつもなく奇妙なスラム街「フィリピンの墓場村」に潜入取材!2015.11
  • 絶対に見ておきたい、人工衛星が捉えた地球の風景8! 美しくも奇妙な“奇景”が広がる!2015.10
  • 日常を“異化”する ― BankART「アートと都市を巡る横浜と台北」展で、芸術創造の過程を追体験!!2015.08
  • 600万体の骸骨が眠るパリの地下 ― カタコンブ・ド・パリの「人骨の壁」2015.07
  • 6年間都内の非常階段から景色を撮り続けた男 ― “猥雑で美しい” 日本の街並み求めて ~佐藤信太郎インタビュー~2015.06
  • 【時を超えて絶賛される】超越する乙女心 ― 岡上淑子のフォトコラージュの世界2015.05
  • 絶対に食べてみたい、名作小説の食事50選!2015.03
  • 絶対に見ておきたい、世界の廃墟5選! 不気味だけど美しい、ノスタルジックな光景が広がる2015.02
  • 身体改造、性倒錯…性的マイノリティを追ったドキュメンタリー『凍蝶圖鑑』! 鬼才・田中幸夫監督インタビュー 「変態を生き抜く覚悟を決めた彼らは、誰よりも美しい。」2015.01
  • 単なる男尊女卑ではない ― キルギスの誘拐結婚を追った写真家林典子に聞いた「アラ・カチュー」2014.11
  • 水族館の生き物は、本当に生きていると言えるか? 写真家、馬場智行が迫る「魚たちの暗闇」2014.09
  • 土屋太鳳「自然と紙を食べていた」 ― 人が人でなくなる瞬間を演じきった演技派女優『人狼ゲーム』インタビュー2014.08
  • アントワン・ダガタ ― ギャング・娼婦・ジャンキー・戦場…世界に自分を感染させる写真家インタビュー2014.06
  • 人間がやってきたことはすべて“変”なんじゃないか? ― 『奇界遺産2』佐藤健寿インタビュー 圧倒的写真と秘話2014.05
  • 【軍艦島】“日本建築史の空白の10年間”に建てられた「65号棟」 立ち入り禁止区域に秘境写真家・酒井透が迫る!2014.04
  • 【軍艦島】立ち入り禁止区域に、秘境写真家・酒井透が迫る!2014.03
  • 純血を貫くバリ原住民の村「トゥガナン村」  禁じられた結婚とは?2014.02
  • 「映画で見た血が美しかった」 “轢き殺されたお姉さん”を描く笹山直規の頭の中2014.01
  • 神秘なる人骨 ー 生と死が共存するバリ島最後の秘境「風葬の村」トルニャン2013.12
  • 【写真多数】ゲテモノからの脱皮!? やたらお洒落な虫料理本『むしくいノート』の写真がハンパない【プレゼント】2013.11
  • 呼吸を可視化する『BREATH』の世界―池谷友秀2013.10
  • 沖縄の「世界一狭いホテル」!! “歩き回る自由”を奪う驚愕の狭さ!2013.06