>  >  > マクドのポテトでハゲが改善する可能性急浮上!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
baldpotato_01.jpg
画像は「Daily Record」より引用

 2013年に「毛髪クリニックリーブ21」が発表した独自調査によると、日本人口のおよそ4200万人が薄毛・脱毛の進行に悩んでいるという。読者の中にも、加齢とともに抜け落ちる髪の量が増えたと実感している方も多いのではないだろうか?


■ハゲ治療の鍵はマックのポテトに隠されていた

baldpotato_02.jpg
画像は「Business Insider」より引用

 そんな人々に朗報が舞い込んできた。なんと、マクドナルドのポテトを食べるだけで、髪の毛が再生されるかもしれないという驚きのニュースを英紙「Daily Record」(4日付)が報じているのだ!

 ファーストフードと聞くと、どうしても健康的なイメージはもちにくいが、こと髪の毛に関してはそうでもないかもしれない。横浜国立大学の福田淳二教授らが、科学誌「バイオマテリアル」に発表した研究によると、新しい方法で毛包(発毛機関)の培養に成功したという。その鍵となったのが、マックのポテトにも含まれているとされるジメチルポリシロキサンというシリコーンの一種だったというから驚きだ。

「毛包原基(HFGs)の大量生産の鍵は、培養機の基材の選択にありました。酸素浸透性のジメチルポリシロキサン(PDMS)を培養機の底に使ったところ、これが上手くいったのです」(福田教授)

 この方法で5000個の毛包原基の同時生産に成功し、マウスに移植したところ、マウスの背中から新たな黒い毛が育ったという。この方法で毛包原基が生産されたのは今回が始めてとのことだが、将来的には人間への応用も可能とのことだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。