• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_moonnight0207.jpg
満月の晩はバイクの運転は要注意(http://jp.depositphotos.com)

 1月31日、約150年ぶりに「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が観測された――。

 皆既月食で月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」、満月がひと月で2度起こる「ブルームーン」、さらに満月がひときわ大きく見える「スーパームーン」の3つが重なるという、とても珍しい現象だ。

 前回観測されたのは1866年3月。当時の日本は、政治を司る江戸幕府が大きく変わり、1867年2月13日に明治天皇が即位。明治維新が幕を明けた。

 奇しくも今年は新しい元号が発表され、来年は平成が終わりを告げ、今上天皇から皇太子に皇位継承がなされる。天皇の生前退位は、江戸時代以来200年ぶりだ。

 そんなこともあり、今回のスーパー・ブルー・ブラッドムーンを巷では「新たな事象のはじまり」とささやかれているようだ。

満月の夜には「何か起きるかも……」という不思議な予感

 地球から最も近い天体である月に対して、古来、人々は「親しみ」と「畏敬」の念を抱いてきた。現代に生きる私たちも、大きな満月を眺めながら「こんな夜は何か起きるかも……」という不思議な予感に囚われることがある。

 月の満ち欠けと人間界で起こる出来事、たとえば事故や犯罪などとの関係については、古くから多くの言い伝えや都市伝説的なものがある。科学がそれを放置してきたはずもなく、現在に至るまでさまざまな研究が行われている。

 しかし今のところ、私たちは決定的な「決め手」を掴むことができていない。

インドの満月の夜は犯罪率が2倍以上?

 

 たとえば、満月や新月などの「月齢」と「犯罪発生率」との関係を調べた研究がある。特に強い相関を示したとして有名なのが、1984年12月、『BRITISH MEDCAL JOURNAL』に掲載された「Full moon and crime」という論文だ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。