• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

エイリアン

,

シリウス星人

 地球には数多のエイリアンが来訪しているというが、今回は海外のエイリアン情報サイト「Think about It」より、そんなエイリアンの一種・シリウス星人について解説しよう。

0209sirians-1.jpg
画像は「Think about It」より引用

【出身】シリウス星系。おおいぬ座のシリウスは冬の夜空に青白く輝く一等星で、冬の大三角形の頂点のひとつとしても知られる。地球からの距離は約8.6光年、太陽を除くと全天で最も明るい星である。肉眼では一つの星にしか見えないが、実際にはシリウスAとシリウスBという二つが連星となっている。

【地球を訪れる理由】バイオ―磁気エネルギー網を作り、人間の適切な進化を助けるために地球に来ている。シリウス星系は様々な種類のエイリアンの故郷であり、基本的には慈悲深く優しい性格をしている。しかし、シリウスBを中心とする一部には帝国主義的な考え方の種もおり、人間の誘拐事件を起こすこともある。

【外見】暗い色の皮膚と目の色をしている人間型。地球に適応して明るい色に変わることも。爬虫類型のシリウス星人もいる。また、イルカやクジラが元々シリウスから来たという噂もある。

0209sirians-2.jpg
画像は「Think about It」より引用

関連キーワード

コメント

4:匿名2018年4月 5日 17:02 | 返信

竜田揚げにされたり水族館で曲芸やらされたり…シリウス星人そんなんで大丈夫なんですかね…

3:匿名2018年2月13日 12:44 | 返信

なんか、宇宙から「返信」があったみたいだね。
ちょっと早すぎる気がした。
クジラが送ってきたのかもね。
せっかく返事があったんだから、何か記事を書いてよ。

2:匿名2018年2月13日 12:26 | 返信

シリウス人って地球人の事だ。海蛇座のハイドラで猿から進化した人類は
海蛇座ではなく大犬座の近辺に新しく生まれた星に所属した。
シュメール(ハイドラの民)の神話?で、生まれたホムンクルスとは地球人の事
ヘブライ(蛇来=海蛇座から来た)の言葉で、バニ(作られた=バニティが由来)
レビ族とは、シリウスの女神の「ラビ」で、ユダヤ教の司祭のラビも同様だ。

地球人(シリウス人)が火星で新たな人類を進化させると、竜骨座に生まれる
生命の住める新しい星に、竜骨座だから竜人と、死んで生まれ変わり移動する。
イルミナティなどが「グレイ」などのように居もしない「偽物」を広めるから、
本来の記憶が封印され思い出すことが出来なくなるのだ。

グレイの証拠映像を見てみよう。地球より遙かに進んだ文明の者に対して、
「床に餌を置いている」&「磔にして尋問している」(グレイの前はタコw)
これは実際に異星人と接触していない証拠となる。
これを喩えるなら「トランプ大統領に対し」床に餌を置き&尋問したのだ。

今のアメリカには、核ミサイル程度のゴミしか無いが、もし仮に異星人が
他所の銀河から地球に来たのならば、
天の川銀河が移動するマッハ863の速度を追い越せる宇宙船である。
地球の兵器など、かすり傷一つ 負わせることが出来ない。

想像力が有るのなら、もう少しマシな嘘を吐くべきだと思うよ。

1:匿名2018年2月13日 12:14 | 返信

ある意味衝撃

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。