>  >  > 国内初 猫からの感染で死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

猫からの感染症で60代女性が死亡 厚労省「ペットとの濃厚な接触は避ける」よう注意喚起の画像1
国内で始めて猫からの感染症で60代女性が死亡(http://jp.depositphotos.com)

 犬や猫などから人間にうつる人獣共通感染症の「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」による死者が国内で初めて確認された(「産経新聞」208年1月15日)。

 「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」は、家畜やペットの動物が持つ「コリネバクテリウム・ウルセランス菌」に感染して起きる。喉の痛みや咳など風邪の症状があり、重症化すると呼吸困難で死亡するリスクもあるが、人から人に感染するのは稀だ。病態は、予防接種の効果で日本ではほとんど患者がいない感染症「ジフテリア」に似ているが、抗菌薬によって治療できる。

国内では1991年に初めて報告され、これまでに25人が感染

 厚労省によると、この感染症で死亡したのは、2016年5月に呼吸困難で救急搬送され、3日後に急死した、福岡県の60代の女性。血液から「コリネバクテリウム・ウルセランス菌」が検出された。女性は3匹の猫に屋外で餌をやっていたことから、感染が疑われている。

 国立感染症研究所によると、この感染症は国内では2001年に初めて感染例が報告され、北海道から九州まで25人の感染例がある。英国でも数十例の報告があり、死者も出ている。ただ、国内では感染症法に基づく届け出義務がない珍しい感染症のため、発症が見逃されやすい。

 厚労省は1月、日本医師会、日本獣医師会、自治体に対して情報提供を行い、発生があった場合は厚労省に情報提供するよう通知。国民に「ペットとの濃厚な接触は避け、体調が悪くなったらすぐに医療機関に行ってほしい」と注意を呼びかけている。

濃密な接触を控えながら予期しない感染に注意しよう

 同一の病原体によって、ヒトとヒト以外の脊椎動物の双方が罹患する感染症、それが「人獣共通感染症(ズーノーシス:zoonosis)」だ。感染している動物との直接接触や、動物の糞や毛垢などを介して再感染が起きる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。