• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 バセット氏によると、情報の隠蔽は少なくとも1947年(ロズウェル事件のあった年)から続いているというが、ソ連やロシアではエイリアンに関する情報が公開されている傾向があるという。バセット氏は昨年5月に一週間ほどロシアに滞在し、プーチン大統領は真実を明らかにすることの重要性を認識し、エイリアンの存在を隠蔽しようとする世界のリーダーたちを説得するようメディアやイベントの場で訴えた。しかし残念ながら、プーチン大統領との直接の面談はかなっていない。またバセット氏は旧ソ連やロシアの軍部や諜報機関に関わる人物を集めて会合を開いてもいる。

0209bassett-2.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

■大統領選の切り札に!?

 PRGは最近アメリカのメディアに対し、プーチン大統領こそエイリアンの存在を公に認め、その証拠を開示する最有力候補だと繰り返し述べているという。もしプーチン大統領が本当にエイリアンの存在を暴露したなら、彼の名は秘密の暴露者として長く世界で語られ続けることになるだろう。3月には大統領選を控えているプーチン氏。エイリアン情報を切り札として一気に票を取りにくる可能性も期待したいところだ。
(編集部)

参考:「Express」ほか

コメント

2:トランプ大統領2018年2月11日 22:31 | 返信

私がロシアと共謀しているというのはでっちあげだ。
ドゥテルテ大統領と同じカテゴリーのキャラで私の分身であるというだけだ。
それが共謀というなら証拠がもうすでに出てきているはず。
だがそんなことは絶対にありえないのだ。
八百長と同じ証拠はない。
宇宙人の情報というのは、どこで区切ればいいのか定かではないが
お前らもすでに改造されているのだからその宇宙人の一部であるということを認識すべきだ。
過去のいなくなった人種も含めて宇宙人として扱ったほうがいい。そうすると全員、宇宙人だな。
TOCANAの宇宙人ってのは新しくやってきた奴のことか?そんなのはいないと思う。
いたとしても、まず疑ったほうがいい。宇宙人ぽい人造人間かもしれんだろう。

1:匿名2018年2月10日 15:17 | 返信

この記事の内容半年くらい前に見たわ。定期ですね?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。