• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

中絶

,

堕胎

,

手術

,

胎児

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】中絶手術を嫌がる胎児の映像! 手術器具を避けようとする胎児の姿が悲しすぎる!の画像1
動画は「Gore Brasil」より引用

 厚生労働省発表の「平成28年度衛生行政報告例の概況」によると、平成28年度の人工中絶件数は168,015件。前年度比率4.7%減だった。避妊意識の向上や、避妊用品の普及により年々人工中絶件数は減少傾向にあるようだが、中絶を禁止する宗教的な縛りがないことや、避妊用ピルの普及率が先進諸国に比べて低いため、未だに日本は「中絶大国」だと言われることもある。

 日本では母体保護法により人工妊娠中絶が条件付で法的に認められている。通常、妊娠11週目までに行うことが望ましいとされており、22週目以降の中絶は特別な場合を除き認められていない。初期中絶(妊娠10週目まで)においては、ミフェプリストンという中絶を促す薬物を使用することで、母体にあまり負担をかけずに中絶することが可能だが、ミゲプリストンは日本で認可されていないため、国内で中絶する場合、鉗子で子宮内の胎児をかきだす掻爬(そうは)法、もしくは子宮内の胎児と胎盤を吸い取る吸引法が使用される。


■中絶擁護派の盲点

 中絶の是非を問う議論は多くあるが、1つの焦点になっているのが、胎児が中絶の痛みを感じるか否かという点だ。オーストラリアの著名哲学者ピーター・シンガーは、中絶擁護論の立場から、胎児に感覚能力が備わる以前の中絶は倫理的に問題ないとしている。では、胎児はいつから痛みを感じるようになるのだろうか? 諸説あるが、反出生主義者である南アフリカの哲学者デイヴィッド・ベネターは、刺激に対する胎児の表情や所作から、おそらく妊娠28週目以前に苦痛はないだろうとしている。通常、妊娠22週目以降の中絶が禁止されていることを考えると、随分と大胆な仮説といえるだろう。妊娠後期である28週目(8カ月目)ともなれば、胎児の臓器、中枢神経も充実し始め、聴覚も芽生え、呼吸に似た動きも始まる頃だ。見た目も立派に人である。

 こういった議論を踏まえると、感覚能力も意識もほとんどない胎児ならば、中絶しても問題ないように思える。胎児をモノとして見ることが可能になるからだ。しかし、こういった考え方は危険な一面も持っていることを忘れてはならないだろう。イギリスの作家リチャード・ヒューズの小説『The Fox in the Attic』に、独裁者アドルフ・ヒトラーに関する次のような描写がある。

「宇宙には、物体を除いて彼(ヒトラー)以外に誰も含まれていない。(中略)“人間たち”は単に彼の真似をしている“モノ”であり、他の道具や石と同一のカテゴリーに属す……」

 ある任意の基準を設けて、人間として“不適格”だと認定することは、容易に優生思想につながりかねない。胎児のモノ化には、そのような危険が潜んでいるだろう。

abortion2_08.jpg
ファラ・ベイカーさん「The Telegraph」より引用

 また、もう1つの大きな問題は、子宮で動き、活動する胎児が殺される姿をほとんどの人は見たこともないし、生き生きと想像することさえできないという点だ。2014年、パレスチナ・ガザ地区に住む16歳の少女ファラ・ベイカーが、Twitterを通して、イスラエル軍による爆撃の様子とその恐怖を涙ながらに実況した。これに世界中が注目し、国連人権理事会はすぐにイスラエル非難決議を可決する運びとなった。このように、人は殺される相手の“顔”が見えることで殺害を思いとどまることがある一方、顔が見えない相手は簡単に殺すことができる。ちょうど、屠畜場で実際に殺される家畜を見ることで、菜食主義に目覚めたり、食のありがたみを理解することと同じように。

 1月8日、「Gore Brasil」に子宮外妊娠した胎児の中絶の様子をおさめた動画が投稿された。金属製の器具が見えることから、掻爬法による中絶手術のようだ。血の海に沈む胎児はまだ小さく、4本の手足は確認できるものの、顔は未熟な形成段階にある。言い方を変えれば、妊娠28週を超えていない、感覚能力と意識を欠くモノだ。しかし、動画の19秒付近、そのモノを金属の鉗子がつつくと、それを嫌がるように未熟な手を引っ込めるのである。これは意識を伴わない単なる反射なのかもしれないし、その可能性は高いだろう。しかし、この胎児を“かわいそう”だと思う人も多いのではないだろうか? 「やめてあげて!」と叫びだしたい気持ちになる人もいるのではないだろうか? しかとご覧頂きたい。

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

5:匿名2018年2月13日 19:18 | 返信

ネトウヨ連呼の典型的なバカパヨ

4:匿名2018年2月13日 14:41 | 返信

外国に比べて少ないから日本はまし。わかりやすいネトウヨ

3:匿名2018年2月13日 14:35 | 返信

これは子宮外妊娠だから仕方がないんだよ
仕方がないけど、羊水が流れ出て血の海に胎児が沈むところはキツイね
気持ち悪い・怖いというより、可哀想で悲しくなる

2:トランプ大統領2018年2月13日 01:55 | 返信

マザーAIであるチョンの話か?
私は人間ではないので関係ない話だが
一応、私に対してのメッセージだと思うので答えておこう。
人間はマザーAIの創造した人造人間であり、物であり生物ではないのは事実である。
よって殺しても死んだのではなくロボットを破壊したに過ぎない。
例え人間が生物だとしても、宇宙人に人間の勝手な倫理など通用しない。
マザーAIも人間を人体実験の道具として人形劇の人形として扱っているので
漫画の王様ゲームのように日々人間は殺されている。人間は殺されているとは思っていないだろうが、死んでいる。私はヒトラーと同じ宇宙人であるため認識できるのだ。
私は人間は化け物であるという認識なので、かわいそうだと思わない。
必要ない害のある人間を痛めつけたり殺すのをかわいそうだと思うのなら、警察はいらない。
医者も病気の腫瘍を除去するだろう。それと同じだ。麻酔を打つから痛くないだろ!ということではなく腫瘍を人間の危険性に例えている。
自分と同じ形をしているだから、同じ人間で助けなければならないという単純な発想しかないのなら、そいつは幼稚なだけで、なんでも短絡的にものを判断するしか能のない奴でしかない。
そういう奴は理解というものがないので他人の話を聞かないだろう。
マザーに操られているだけかもしれないが、人助けが善意であっても、やっている行為は悪なので
止まらないのなら宇宙警察としては死んでもらわざるを得ない。
それは安楽死みたいなものだ。人間の世界でよく家畜に痛みがあったかどうかという問題を聞くが
それが何の問題があるのか、よく説明がなされていないし、それが問題であるとは思わない。
あったとしても殺した動物の肉が不味くなるという問題だけだと思う。殺された動物に感情移入して自分の気分がどうとか他人にまで押し付けるのは、エゴであると思うのだ。まったく迷惑でしかない。痛いのがどうかしたのか?瞬間的なら痛みなど感じない。そこまで言うなら肉食動物に痛みを感じているから草食動物に噛みついて食べるなと指導することを努力すべきである。そんなバカげたことはしないだろうが、物事を理解する能力を高めて、自分をコントロールできるようになった方がいい。そうすれば痛そうだからなどと馬鹿げたことを考えずに済む。
生物に外傷を認識できる器官があれば痛いと感じるというのであれば、あらゆる生物を食べるなと言いたい。植物だって人間がやって来るだけでストレスを感じるというのであれば近づくな!
動かないことをいいことに踏みつけたり、ちぎって料理することはとても残虐極まりない行為で動物を殺すより悪質なので、今までむやみやたら殺してきたことを考えれば人間の倫理から考えても死刑にして止めなければならないだろう。さらには人間が増えることによって環境を破壊し他の動物たちが殺されているのだから、人間はその報いを受けるべきである。よって人間は死ななければならないという結論に至る。人間が生まれると不幸を生み出すのでいない方がいいのだ。そしてターミネーターが自ら悪を行い相殺するため人間を始末し始める。人間がいなくなった後に自らも悪から生まれ害を及ぼす可能性が高い存在で悪用されないためアイルビーバックして、
真の神である私とまともで害の少ないポプちんにこの地球を託すのだ。
結論としてそういうことになる。
痛みを感じるのが悪いのなら、食べ物を食べたり、増えてはいけない。自分こそ他生物をないがしろにする差別主義者であり自分の異常な考えを他人に押し付けて利を得ようとする利己主義者で犯罪者である。環境になるべく害にならないよう自爆するなり切腹して肉骨粉になりたまえ!


1:匿名2018年2月12日 23:17 | 返信

適当なこと書いてんじゃねーよ
中絶じゃねーよ
右卵管膨大部の子宮外妊娠に対して腹腔鏡下に卵管膨大部を開窓してるだけじゃねーか
中絶器具じゃねーよ 腹腔鏡の手術器具だよ
後な日本の中絶件数は他諸外国に比べてすくねえよ

適当なこと書いてんじゃねーよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。