>  >  > フロリダ高校”銃撃中の動画”が流出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

アメリカ

,

フロリダ

,

動物虐待

,

銃乱射

,

高校

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

floridashooting_01.jpg
ニコラス・クルーズ容疑者が確保された瞬間「Daily Mail」より引用

 米フロリダ州ブロワード郡パークランドの高校で日本時間15日午前4時半ごろ、銃乱射事件が発生し、教師・生徒ら17人が死亡、50人が怪我をした。報道によると、郡警察は、同校の元生徒ニコラス・クルーズ(19)を拘束したという。

 英紙「Daily Mail」(15日付)によると、クルーズ容疑者は逮捕時、アサルトライフルAR-15一丁と複数のマガジン(弾倉)、スモークグレネードを所有していたという。AR-15は、ネット上でわずか1000ドル(約10万7千円)で購入できることもあり、米国で発生した複数の銃乱射事件で使用されている。民間向けのAR-15と同型のM16自動小銃は軍や警察の制式ライフルとして広く採用されており、その威力はハンドガンの比ではない。たとえ急所に的中せずとも致命傷を負わせることができると言われている。

 クルーズ容疑者は学校に侵入すると、火災報知機を鳴らし、生徒がホールに集まるよう仕向けた。そうすることで、より多くの生徒を一度に殺害しようとしたのだ。1人目の犠牲者は、46歳の体育教師クリス・ヒクソンだった。

 銃撃は現地時間午後2時25分頃に始まったが、警察とSWATチームが容疑者を確保したのは2時間後のことだった。襲撃時に教室内に避難した生徒が撮影した動画では、複数の銃声と生徒らの悲鳴を聞くことができる。動画投稿サイト「Liveleak」に投稿された動画では、クルーズ容疑者に撃たれたと思しき血を流して床に横たわる生徒が映っている。

floridashooting_03.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 郡保安官スコット・イスラエルによると、クルーズ容疑者は昨年まで同校の生徒であったが、同校に在籍中に他の生徒に暴力をふるったため、教育上の理由で退校処分になっていたという。襲撃を受けた生徒によると、銃の乱射が行われていると知った瞬間、犯人はクルーズ容疑者に違いないとすぐに分かったという。同校の生徒マシュー・ウォーカー(17)は、米ニュース「WFOR-TV」のインタビューで、「誰もがクルーズの犯行だと知っていた」と話している。

「前から多くの生徒が、クルーズが学校を銃撃するんじゃないかってジョークを言い合ってたんだよ。そんな予想が当たってしまったなんて、クレイジーだ」(マシュー・ウォーカー)
「奴は教室から教室へ無差別に生徒たちを撃ちに行った。あいつがSNSに投稿してたのも全て武器についてだったよ。狂ってる」(同)

 当局がクルーズ容疑者のSNSを調べたところ、“極めて不穏な”投稿が発見されたという。たとえば、彼のインスタグラムには、動物を残虐な方法で殺害した写真が投稿されていたそうだ。生徒たちはクルーズ容疑者が精神疾患を患っていたと語っているが、そのことを“大人たちは全員無視していた”という。

floridashooting_02.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 幼少期の動物虐待は凶悪犯罪に手を染める予兆であるとよく言われる。小児発達学の専門家であるゲイル・F・メイスンの『動物と子どもの関係学─発達心理からみた動物の意味』(ビイングネットプレス)によれば、98年に両親を撃ち殺し、同じく学校で乱射事件を起こした15歳の少年は、「(彼は)怒れる『扱いにくい』子どもであり、いかに動物を拷問するかについて、度々自慢していた」という。また、米国で収監、または収監の可能性のある10代の少年96人を調査したところ、収監中の50%、そして収監の可能性のある少年の21%が過去1年の間にわざと動物を虐待していた経歴があったそうだ。こういったシグナルを大人たちが真剣に受け止め、同校の生徒と同じようにクルーズ容疑者が学校を銃撃する可能性を考慮できていたならば、今回の事件は避けられたかもしれない……。

 とはいえ、そういった危険性を持つ子どもは世界中どこにでも一定数いる上、全員を完全な監視下に置くことは現実的に不可能だ。最大の問題は、銃が簡単に入手できてしまうアメリカ社会の方だろう。

 英紙「The Guardian」(14日付)によると、今年に入ってから米国で起こった学校内での銃撃は18件。うち2件は自殺、8件は誰も被害に遭わなかったが、1月23日にケンタッキー州のマーシャル郡高校で起こった銃乱射事件では、15歳のゲイブ・パーカーが同級生2人を殺害し、14人に怪我を負わせている。

 今回の事件を受け、フロリダ州の民主党議員ビル・ニルソンも、「銃乱射事件がルーティーン化することを我々は期待するようになっているのですか? いくら『もう十分だ』と言ったところで、こういった事件は起こり続けるのですか?」と、常態化する米国内での銃乱射に危機感を表明している。一体いつになったら、アメリカは銃規制に踏み出すのだろうか?
(編集部)


参考:「The Guardian」、「Daily Mail」、ほか

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年2月16日 04:20 | 返信

彼が皆の望みに応えたことはわかった。
皆は彼に望んだことが実行されたときの被害についてはずっと他人事だったのだろうね。
よくわかるよ、私も事故は自分以外の人に起こると思ってるもの。

1:匿名2018年2月16日 00:12 | 返信

>生徒たちはクルーズ容疑者が精神疾患を患っていたと語っている
これは重要だろう。多分、はっきりおかしかったんだろうが、どういう病状だったか、
きちんと調べるべきだな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?