• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント12
【ガチ】チベット仏教の最終奥義「虹の身体」がヤバイ! 爪と髪を残して肉体消失、虹になる… 報告例多数で米研究機関も調査!の画像1
画像は「EWAO」より引用

 チベットやインドでは、これまで16万人もの人々が長年の霊的修行の結果として、肉体を純粋な光、あるいはエネルギーに変えて消えてしまっていることをご存知だろうか?


■虹の身体、黄金の身体、超伝導の身体とは?

【ガチ】チベット仏教の最終奥義「虹の身体」がヤバイ! 爪と髪を残して肉体消失、虹になる… 報告例多数で米研究機関も調査!の画像2
画像は「EWAO」より引用

 オルタナティブニュース「EWAO」によると、この現象は“虹の身体”と呼ばれ、これを成就するためには、慈悲の心に満たされ肉体を解放できるようになる必要があるという。平均して5年の修行で、チベットの仏教修行者はこの境地に至るそうだ。そのプロセスは極めて強力であり、虹の身体を完成する数週間前には、修行者がそっと手で触れるだけで、壁に手の形が残るといわれている。報告によると、虹の身体を成就した修行者は7日間かけて体が縮んでいき光となって消えてしまい、最後に残されるのは体の不純物である髪の毛と爪だけだという。

 イスラーム神秘主義においても、“最も神聖な身体”、“天を超えた身体”と呼ばれる同様の現象があり、中国のタオイズムにおいても“ダイヤモンドの身体”と呼ばれる境地に至った人は“不死者”、“雲の上を歩く人”という名を得るそうだ。インドのヨガ行者の間では、“神聖な身体”や“祝福された身体”、インド哲学の一派であるヴェーダーンタ学派では“超伝導の身体”と呼ばれものがこれにあたるという。さらに古代エジプトには“光り輝く身体”、古代ミトラ教では“完全な身体”、古代ヘルメス教では“不死の身体”、錬金術の伝統では“黄金の身体”と言われるものが存在したそうだ。

 チベット仏教においては、現在も“虹の身体”を実践してみせる僧侶がいる。たとえば、キリスト教神秘のフランシス・ティソ氏は、チベット仏教ゲルク派の僧侶ケンポ・アチュ・リンポチェが1998年に虹の身体を完成し、入寂する様子を記録している。

コメント

12:匿名2018年6月 6日 05:59 | 返信

匿名2さんはどのような方なのでしょう?
興味深い内容ですね。書き込みきれずに省いて話をしているのでしょうか… もっと分かりやすく聞くことが叶うのなら、時間は惜しまず聞いてみたいと思いました。なんの意図もありません。私は無知な人間のひとりですが、ただ聞いてみたいと感じたからです。

11:匿名2018年6月 1日 11:06 | 返信

とりあえず病気だった可能性はないってことでいいの?
昔から知識がないせいで病気なのに、神聖な…とか逆に天罰だ…とか言いだす人(民族?)は結構いるよ(最近の例でいえばエボラに対する現地住民の反応)

10:匿名2018年5月20日 00:31 | 返信

確か人の体って死後縮むんだろ。
首狩り族の狩った首を映像で観たことあるけど、頭蓋骨を抜き取って乾燥させたらアクセサリーサイズになってた。

そしてチベットは鳥葬で、持ち運びしやすいように手足を折って写真ぐらいの大きさにするって聞いたことがあるし、手足の骨を細かく砕いたらこのくらいは縮むんじゃないだろうか?

9:匿名2018年5月19日 06:23 | 返信

※2

「そー」まで読んでやった
もう少し簡単明瞭にまとめましょう。
10点

8:匿名2018年5月19日 00:24 | 返信

とりあえず・・ 
死ぬ前の(最終修行に入った時の)食事を紹介してほしいw

即身仏を作るときは、専用の食事をとるからな。
物理的におかしい朽ち方をするなら、食事の変更は必須のはず。
たった1週間や10日で、成人男性の足や背骨の骨が縮むわけないからな。

7:匿名2018年2月19日 09:03 | 返信

まさにジェダイじゃん

6:匿名2018年2月18日 00:34 | 返信

Rigpa Wikiにはゲルク派じゃなくてニンマ派って書いてあるけど

5:匿名2018年2月17日 23:33 | 返信

こういう死に方も悪くは無さそう

4:匿名2018年2月17日 18:31 | 返信

キリスト、ユダヤ教にも
顔が光り輝いた
みたいなのがあるし、まあ多少はね

3:匿名2018年2月17日 11:30 | 返信

ながっ

2:匿名2018年2月17日 11:02 | 返信

そーぜつな勘違いが突っ走っているチベット仏教の有り様にびっくりだ。
虹を見たければ「水を撒け」

俗世と縁を絶つのは仏教の入り口だ。

俗世と無縁に成る修行を「無法者」と言い多くの者が達成できずに死ぬ。
ナイフ一本さえも持たずに野生で生きる。
己の無力を知り、「それでも役に立ちたい」と言う「仏心」を悟るのが目的だ。
(托鉢を受け取るのは大間違い)

「仏心」を悟り、滅私奉公して民の為に、生きる。・・・それが仏教の道
もともと「ム」とは、「$」(仏=佛=イ$)
仏陀が求めた救いの木(ユグドラシル)の事で、世界樹のこと・・・つまり、朴の木

朴の木には、病変した細胞を壊す作用が有り、手術無しでも、移植無しでも、
胎児の段階で(病変の有る)細胞を破壊して正常な細胞を作らせる補助をする木だ。
仏教とは、本来なら ム(朴の木)と人が寄り添って、「仏」と成る。

僧侶とは、寄り添う者(添侶)で、自らが「救い」と成り民を支える者
ヘブライ人(シュメール)は、海蛇座から来た(蛇来=へぶらい)で、
インド(ハイドラ)の惑星テラから来た人類で、もともと仏教は彼らの文化だった。
ヤマタノオロチ(ヒドラ)ハイドラ(海蛇座)の阿吽(文字を左から右へ読み書きする)
シュメール神話のハイドラ人が猿から進化させたのが大犬座の地球人だ。
大犬座に、ちなんで神社の狛犬は、犬の姿をしている。

「ヤハウエ」は、「矢は上(やはうえ)」と読み「介」となる。
ヘブライ人は地球の北半球に広く分布していた。地球人がヘブライ人を狩り
日本以外の地域で、絶滅させたから、話がややこしくなった。

「ヤハウエ」とは、北枕に寝かせて育てると、聞き分けの良い者に育つ法則だ。
「南無」とは、南枕(天の逆、頭が逆=天邪鬼)にしない。と、言う意味で
別の言い方だと「汚い」(北じゃない)となる。
多くの言語が日本語と違うのは、海蛇座の言語を地球から消したかったからだ。

ハイドラ人を殺した奴らは、海蛇座からの裁きを恐れ「宇宙人を怖がらせる」
あわよくば、宇宙から来るハイドラ人を(何も知らぬ)地球人に撃退させる為だ。
その為には、日本語が残っていると困るのだ。

だから奴らは仏陀を「悟る前に殺して」その代役をアフリカから連れて来た。
代役のアフリカ人が剃髪を嫌がったので、螺髪(らほつ)と悟った事にして切り抜けた。
問題は、代役のアフリカ人が、豚肉を食べて太り、女を抱き、怠惰に染まった点だ。
身分制度に疑問を持って旅に出たのに、
身分制度を更に細かく敷き直した仏陀の行いは、権威主義の奴らの欲望に満ちた教義だ。

修行中の仏陀は、「菩薩に成りたければ、菩薩の真似をする事」を薦めている。
悟った後の仏陀は、「老い、病気、差別、死の別れ」を「諦めろ」と説いている。
これは、宿題をやらなかった児童が、「諦めろ」と教師に言うの(説く)と同じだ。
どうして、、こんな仏教に成ったのだ?

1:匿名2018年2月17日 10:11 | 返信

うそつけ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。