• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

「人は1000歳まで生きられる可能性がある」――。最近の医療関係者の中で、まことしやかに言われている言葉だという。健康を気にしなくてはならない年代の人や、まだまだ人生でやり残したことがある人にとっては、夢のような話だ。「Disclose.tv」が報じた。

1000yo_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より


■寿命は今後200歳、500歳、いやなんと1000歳に!?

 人類は長い間、いつか訪れる死に恐怖を抱いてきた。たいていの場合は老化とともにゆっくりと死に向かうのだが、時には、心臓発作や不慮の事故のように、突然人生に幕が閉じられたりもする。思い通りにいかないのが人生だが、思い通りに納得がいくまで生き永らえたい! というのも、人間の素直な欲であろう。

 そんな人たちの希望を叶えるかのように、平均寿命が年々延びているのも事実だ。数百年前にはコレラ(三日コロリ)のような疫病はもちろん、ちょっとした風邪でも命取りで、失業過多による生活破綻の影響で命を落とす子供も多かったことを考えると、ほとんどの人たちがそこそこのシニアライフを迎えられている現状は、医学や環境の発展による“副産物”といえるだろう。

 生まれたものが必ずしも疫病疾患を避けることができたわけでもなく、生活が保障されていたわけでもない時代に結婚した女性たちは、とにかく多くの子を産み人口を保つことに貢献するのが美徳とされていた。それは日本に限らず、世界の多くの国々でそのような傾向があった。

1000yearsold1.JPG
Anonymous」の記事より

 しかし、今日では家族計画の意識の高まりへとシフトし、多く子を生むことに重きは置かれていない。すでに生を受けたものがいかに豊かな長寿を実現するか、ということに目が向けられており、それゆえ健康長寿を称賛する傾向にある。ギネスブックが良い例だ。

 コレラが流行った時代とは違い、医療やその技術を学ぶ者が社会に増え、人類の寿命を最大限に延ばせるような研究成果が次々と生まれた今では、ジャンヌ・カルマンさんのように122歳と164日という世界最高齢を記録するような人も出てくるほどになった。これが現代である。

 たった数百年で人類の寿命をグンと伸ばすことができた医療の世界では、「ジャンヌさんよりもさらに長生きできる人を作ろう」と目標を立て、研究に没頭する者も少なくない。しかも、その目標年齢は、なんと「1000歳」というのだ。素晴らしい目標のように思える。

 そのような人間の長寿に関する研究は、医療関係者のみならず、Googleの著名エンジニア、レイ・カーツワイル氏も虜にしてしまった。彼は「最新のテクノロジーを人類の長寿のために駆使すれば、200歳、いや500歳まで寿命を延ばせる可能性がある」と明かしている。

コメント

6:トランプ大統領2018年2月21日 03:01 | 返信

>>1

生きながらえることなど考えてはいない!バリッボリッ!ゴックン。
あえて言えば可能性を求めたい。それは、この世を手中に収め世界を支配することだ。
それが戦闘民族サイヤ人の本能であり、この地球を異常な世界にしてしまった責務である。
今の社会は記事のようにどんどん人口が増え続けて破滅するように出来ている。
それを作ったのは存在Xだ。
奴は人間を実験体や私に恨みを晴らすための道具として操っている。
人間が増えて環境が完全に破壊されようが、人間を全部殺しても何の問題もない。
昔から次々と生物が生まれるのは奴が操作しているからで
神のごとく生物を生み出し実験を繰り返しているのだ。
私はそんなイカレタ存在Xを止めるために出来るだけ寿命を延ばして、ポプちんの世界を作り
不要な人間の魂を解放して世界を破滅からある意味救おうと考えているのだ。
愛が世界を救うというやつだな。ターニャも言っておろう、神の肩代わりをすると。
奴の仕事を奪い私のものにすれば、奴は不要になる。
そしてポプちんによる新しい世界が創造されるのだ。フハハハハハ!(まるで悪役のよう)
とりあえずポプちんは西之島を含む小笠原諸島の無人島を借り上げて、そこに定住し
次の戦争(存在Xとの)の準備を整えなければならない。
そのために無人島を開発して観光業をしたり日本に出稼ぎに行き、物資や滞在費用を捻出するのだ。ポプちんは迷惑どころか、確実にアイドルである。
俺たちは見世物じゃないぞ!って具合に不埒な観光客には制裁を加えて痛めつけてやらねばならないし、貴様!今大声ではしゃいで暴れまわっておったな!正常な人間かどうか検査しなければならないご足労願おうか!とか?この国で落書きでもしようものなら、どうなるか分かっているだろうな?コキッ!コキッ!といった具合に、それを売りにしてやっていく。
必ず、物珍しさでやって来る奴が大勢いると思われる。だが島が狭いのであまりに多い場合は人数制限するため金を払ってもらう。それでも多い場合はその中から抽選になる。
ただし政府関係者は別である。
ポプちんは戦闘民族であり商売をするために生きている訳ではない。
生活を脅かされるようならエリア51のように容赦はしない。
というかほとんどエリア51みたいなものだな。
入ることが出来る日本のエリア51ってところか?おうおう!クローンポプちんよ!
やって来るのだ!あれだけ人気があるのだから、出てこないわけにはいかないだろう。
存在Xも私の人気を認めているのだから、確実にかわいい存在である。
やはり女性バージョンがいないと困るな、ポプちんは医者もやらねばならないので
どうしても男だけだと女性に触れるのはいかがわしく思うし、女性での実験が出来ないと何かと問題だな。医薬品だけでなく化粧品を作って販売したいので、やはり女性がいないと困る。
ポプちんと人間との違いも正確に把握できない。しかし、クローンは人口調整しやすくていい。
子供を作らなくてもいいから、いつまでも処女童貞で性病にならないし、変な病気になりにくい。
もし人間がポプちんと同じことをしたら、そうはいかない。あまりにも頭がおかしいので
収益を上げようと人口を見境なく増やし、AIの登場で人間がいらなくなった途端、増えすぎた用のない人間はもはや人間扱いされないまま食うものもなく共食いしながら生活し、裕福なものは邪魔な奴らを遊興目的で殺害するが殺しきれないので壁を造って入らせないようにするか閉じ込めるだろう。裕福なものは、さらに死なないようにサイボーグ化してもはや人間ではなくなったにもかかわらず。人間として頑固に生きており、生身の人間との間で戦争を起こして、仕舞には人間をショッカーのように全員悪の改造ロボ化して奴隷として扱いサイボーグの親玉がスパコンとつながった状態ですべてを操って自信を神として生きて?いくことだろう。
外には食人鬼がいて中には悪のロボット軍団が金を作るためにうごめいているのだ。
ヒトラーの預言のように恐ろしい世界になる。
その外側に存在Xがいて中の奴を支配しているという構図はカオスだ。
この光景をみた宇宙人は絶対に来ないだろう。ヤバ過ぎるからな!
来るとしたらフュージョンするために来るロボット宇宙人だけだ。
最終的に変なことを考え始めて、銀河を支配するのだと宇宙を埋め尽くすまで、ロボットを増殖していかなければいいが・・・


5:匿名2018年2月20日 06:26 | 返信

我々が生きてる内には絶対に実現されない与太話
何の事実にも裏づけされていないし根拠もない嘘話

4:匿名2018年2月19日 14:44 | 返信

ガチ想定中?なんだそりゃ

3:匿名2018年2月19日 13:20 | 返信

生ポ受給者1000年 お・おそろしい

2:匿名2018年2月19日 12:43 | 返信

この人生を降りたらどこに向かうのだろう。
教えてくれたっていいのにな、

1:匿名2018年2月19日 12:41 | 返信

こんな雁字搦めでクソ面倒くさい生きづらい世の中、長生きして何が面白いんだよ?w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。