• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180216_baby_01.jpg
画像は、「The Independent」より

 タイ東北部コーンケン県のウェーンヤイ郡で2016年2月、全身を14回ナイフで刺された新生児が発見された。アイディンと名付けられたこの赤ん坊は、木の下に浅く掘られた穴に、頭を下にして生き埋めにされていた。発見当時、なんとか意識はあったが、胸や腹の刺し傷が肺に到達するほど深く、瀕死の状態だった。

 英紙「The Independent」によると、アイディンは生後すぐ親によって遺棄されたと見られている。彼を発見したのは、牛飼いの女性カチット・クロンヤットさん(53)。彼女は、アイディンが助けを求めて泣いている声を聞き、最初は動物が生き埋めになっていると思った。しかし、声のする場所に近づいてみると、人間の足が見えた。彼女は必死になって素手で土を掘り、血まみれのアイディンを救出した。その時、アイディンの首にはビニール袋が絡みついていた。

 クロンヤットさんは、夫と一緒にアイディンをウェーンヤイ病院に連れていった。アイディンはコーンケン病院に搬送されて手術を受けた後、人工呼吸器を装着されて静脈注射を打たれた。医師によると、土が体を圧迫したことにより、アイディンは出血多量による死を免れたという。

 幸いなことに、3カ月に及ぶ集中治療のおかげで、アイディンは重症状態から奇跡的に回復した。元気になったアイディンは、コーンケン児童養護施設に預けられ、そこでスウェーデン人夫婦の養子になることが決まった。コーンケン児童養護施設に勤めるスパチャイ・パシムチャートさんは、「あらゆる条件をチェックした上で、アイディンの養子縁組を手配しました。私たちは、彼が素敵な家庭と快適な人生に恵まれたことをうれしく思います。彼はとても苦しい経験から生還しましたが、今は幸せな人生を送っています」と語る。アイディンを助けたクロンヤットさんと夫のポンチャイさんもまた、アイディンが安心して生活できる家庭に引き取られていくことを知って大いに喜んだ。

 アイディンが発見された現場には、足跡とバイクのタイヤ痕が残されていた。これらが証拠となって、後にアイディンの生みの親とされる地元の女性(42)が殺人未遂と乳児遺棄の容疑で逮捕されたという。

 生後間もない赤ん坊が、母親によって14回もナイフで刺され、生き埋めにされる――。思わず目を背けたくなる凄惨な事件だったが、それにもかかわらず命を取り留めたアイディンに、幸運の女神はほほ笑んだのだ。アイディンの健やかな成長を応援したい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

4:森林2018年2月20日 02:39 | 返信

思ってたより意外、でも良かったね。砂製品でしょ笑 ヤバババ

3:毒カレー2の被害者2018年2月20日 02:28 | 返信

そっくりすぎ、やっぱ似るんだな

2:匿名2018年2月19日 23:56 | 返信

思ってたよりズタボロじゃない

1:匿名2018年2月19日 20:31 | 返信

タイって仏教国で坊主に寄進するとすべての罪が許されるんでしょ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?