• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 米国の医師が90歳以上の高齢者を調査したところ、健康に長生きするための鍵が見つかった。それは「飲酒」。90歳を超えると毎晩の1~2杯のアルコールこそ長寿の秘訣であり、それは運動よりも効果的だというのだ。英「Independent」が今月19日付で伝えている。

0220superager-1.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

■長生きの秘訣は酒!

 ヨガ、温泉での療養、健康的な食事など長生きの秘訣とされるものは数多い。しかし、その効果のほどは不明な点も多く、長寿の秘密と銘打たれた様々な食品や健康法が日々現れては消えていく。だが今回、実際の高齢者の調査で長生きの秘密を探る鍵が見つかった。しかもそれが運動ではなく、飲酒だったというのだから驚きである。

 米カリフォルニア大学の神経科の医師であるClaudia Kawas氏は「The 90+ Study」という高齢者の調査研究プログラムを2003年から進めている。このプロジェクトには実に1600人以上の高齢者が参加し、定期的な追跡調査を行って長寿について研究を行っている。

 Kawas氏は今週、米国テキサス州で行われた全米科学振興協会(AAAS)の年次総会で講演し、毎日の習慣と長寿についての様々な分析結果や研究の見通しを発表した。それによると、一日1~2杯のビールやワインを飲んでいた人は早死にするリスクが18%も低いのだという。また、肥満ではないがやや太り気味の人も3%低かったそうだ。

コメント

1:匿名2018年2月21日 23:02 | 返信

スーパーエイジャと言われるとカーズの探したやつか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。