• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

世界の「がん患者の5年生存率」国ごとに格差 生存率が高い国は?の画像1
日本のがん生存率は高い?(http://jp.depositphotos.com)

 世界71カ国のがん患者約3750万人のデータを分析したところ、がん患者の生存率は世界的に上昇傾向にあるものの、この15年間の上昇率は国によって大きな格差があるとする「CONCORD-3研究」による論文が『The Lancet』1月31日オンライン版に発表された。

 発表によれば、70カ国の300を超える施設から600人の研究者が参画した「CONCORD-3研究」は、2000~2014年に、71カ国で「がんと診断された成人と小児」の合計3751万3025人のデータに基づき、5年生存率を推定した。

 対象になったがん種は、食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、肺がん、乳がん、脳腫瘍、白血病など18種類。5年生存率は年齢調整を行い算出した。

 その結果、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィンランド、ノルウェー、アイスランド、スウェーデンでは、ほとんどのがん種で高い生存率が示された。

「国」や「がん種」によって「5年生存率」に格差が

 だが、国やがん種によって生存率には格差があった。たとえば、2010~2014年に「乳がん」と診断された女性の5年生存率は、米国やオーストラリアが90%であるのに対して、インドでは66%と低かった。

 さらに、生存率の格差が目立ったのは「小児の脳腫瘍」で、その5年生存率はスウェーデンやデンマークが約80%だったのに対して、メキシコやブラジルでは40%未満と、2倍以上の開きがあった。

 また「小児の急性リンパ性白血病(ALL)」の5年生存率も、米国やカナダ、欧州9カ国では90%を超えていたが、中国やメキシコ、エクアドルでは60%を下回っていた。

「致死率が高いがん」は全世界で死亡率は高いが、一方で「改善の兆し」も

 一方、「肝がん」や「肺がん」などの致死率が高いがんについては、高所得国でも低所得国でも死亡率は高かったが、一部の地域では「改善の兆し」があった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。