• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

キムタク

,

ドラマ

,

木村拓哉

,

身長

0125shichouritu_01.jpg
※イメージ画像:テレビ朝日系『BG~身辺警護人~』番組サイトより

 木村拓哉が主演を務める『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)。SMAP解散の黒幕と言われ、好感度もだだ下がり状態だったキムタクのドラマとあって、色々な意味で注目が集まっていた。

「初回から15%以上の視聴率で、さすがはドラマの帝王という貫禄を見せつけました。その後少しずつ下がって13%台になってはいますが、今期のドラマの中では好調をキープしています。ただ、ドラマが絶好調なテレビ朝日の中では、もう少し視聴率がほしいと言われている。その中で、かつては社会現象も起こした『ロングバケーション』の相手である山口智子がゲストとして駆り出された。第6話と第7話に出演予定で、15%を越えて20%を狙うと現場の鼻息は荒かったとか。結果は14.8%でしたが、順調に数字を伸ばしたといえるでしょう」(民放関係者談)

 しかし、意外なトラブルが起きているという噂も。

「江口洋介、上川隆也と主役級を揃え、交際が噂されていた菜々緒と間宮祥太朗をブッキングするなど視聴率対策は当初から万全でした。しかし、意外な部分で一悶着があったようです。江口の身長は185センチ、間宮は178センチで、上川が175センチ、菜々緒も172センチある。キムタクも公表では176センチになっているのですが、現場では明らかに上川より身長が低いとか。シークレットシューズを履いているにもかかわらずです。また、撮影の位置関係も計算されていて、どのように撮影すればキムタクと身長差が出ないかを計算しているようです。そのせいもあって、普通のドラマ撮影より時間がかかっていると聞いています」(民放関係者談)

関連キーワード

コメント

1:無名2018年2月26日 14:36 | 返信

言っても良い事と、言ってはいけない事が世の中にはある。例え事実に基づいた内容だとしても、身長の事をあれこれ言うのはただの悪口(誹謗中傷)になるので良くないと思う。身長についてはどうしようもない部分が多々ある為、本人や本人のファンが著しく傷つけられる可能性が非常に高い。
自分はこういったモラルの欠片もない記事に辟易している。
近年、ネットの普及により、批判(風刺とは批判の一種である)と悪口の区別が全くつかない人が増えているが、ニュースとして検索すれば出て来る記事を書く方々にまでそういう意識低下が見受けられるのは余りにも残念な事態である。批判とは、相手の為を思ってする事。その内容は客観的かつ論理的に、詳細に記されている必要があり、その内容によって相手は何かを改善する事ができたり努力をする事ができるようになるような、思いやりのある視点も持ち合わせた上で書かれているのが批判となり得る。改善や努力の余地についていっさい言及していないものや思いやりを感じられないものは悪口やプライバシー侵害等に該当する。
この記事は風刺と謳っておきながら、足をすくう事しか考えていない。キムタクに何か恨みでもあるのか、悪口しか言っていない。

批判と悪口はますます混同して捉えられてゆく事になるだろうという、警鐘が鳴らされている気がする。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。