• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【恐怖】PC・TV・スマホの電磁波はマインドコントロールに応用可能だった! 大学教授が警告、脳神経を傷つけるメカニズムとは?の画像1
画像は「Collective Evolution」より引用

 電磁波を感じ取ってしまい、頭痛や疲労、集中力の低下を引き起こす電磁波過敏症。その存在は2005年にWHOにも認められたが、実は電磁波過敏症を発症していない人でも、テレビ・パソコン・携帯電話から発せられる電磁波の影響を受け、場合によってはマインドコントロールされているかもしれない。科学系オンラインニュース「Collective Evolution」(22日付)が報じている。


■マインドコントロール装置発明家が警告

 謎多き発明家ヘンドリクス・G・ルース(その正体は、大脳生理学の専門家ロス・アディ元カリフォルニア大学教授とも言われている)の発明の1つに、コンピュータスクリーンを通じて脳に干渉し、マインドコントロールするものがある。同発明の要約は次の通りだ。

「2.1Hz~2.4Hzの帯域で発せられる弱い電磁波が被験者の肌に生じた際に、被験者自身に生理学的反応があることが観測された。パソコンのモニターやテレビのブラウン管など、振動イメージを表示するものは、観測されたのと同程度の電磁場を発生させている。そのため、パソコンのモニターなどを利用して、対象者の神経系を操作することが可能となる」(ルース)

【恐怖】PC・TV・スマホの電磁波はマインドコントロールに応用可能だった! 大学教授が警告、脳神経を傷つけるメカニズムとは?の画像2
画像は「Collective Evolution」より引用

「あるタイプのモニターが発する電磁波は感覚器官を刺激しますが、サブリミナルといえるほど強くはないのです。そのため、不幸なことに、悪意あるアプリケーションの発明を許してしまうのです。人々は知らず知らずのうちに、誰かにマインドコントロールされてしまうことがあるのです。テレビ、ビデオ、DVDを鑑賞したり、コンピュータにオンラインで繋がっているだけで、そういったものの被害者になる可能性があると警告しておきましょう」(同)

 ルースによると、電磁波の強度やマインドコントロールの程度は、モニターに表示される映像、つまりソフトやDVD、ビデオテープなどの内容に左右されるという。つまり、サブリミナル映像ほどあからさまでなくとも、洗脳に適した映像を作成することも可能だということだ。その点をルースは特に懸念している。

コメント

4:匿名2018年2月28日 06:42 | 返信

電磁波攻撃ガー 監視装置ガー 隣人の毒ガス攻撃ガー
これで自分が病んだんだ!と 
認知症や精神病患者がよく言っている
オカルトを真に受けると 周りにアブナイ奴と思われるぞw

3:匿名2018年2月26日 22:56 | 返信

ほら、2みたいな火消しが来るw プププ
そもそも電磁波なんてどうでもいいんだよ
なのに何の得があるのかわざわざ否定しにくる奴
生活保護?就職?仕事?取り込まれてるね〜w

2:匿名2018年2月26日 14:36 | 返信

すでに国内の宗教団体や反日組織に使われ被害が出てるじゃないですか

1:匿名2018年2月25日 12:25 | 返信

テスト

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。