• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 これまで、中国でスマートフォンのバッテリーが突然爆発する事故については繰り返しお伝えしてきた。そんな中、江蘇省南京市の家電量販店で、男性客が真贋を見極めようとしたスマホバッテリーが爆発。大ケガを負うという事件が発生した。

 事件の一部始終は、店の監視カメラ映像に残っていた。そこには携帯電話売り場の店員と話す男性の姿が映っているが、「中国青年網」(1月24日付)によると、男はiPhoneの電池交換を依頼するために店を訪れていたという。ところが彼は、同店が交換するバッテリーが正規品なのかどうか、しきりに疑っていた。

 そして「電池をかめば本物かどうかわかる」と店員に告げると、店が用意したバッテリーを口に入れ、かみだしたのだ。その瞬間、口に入れたバッテリーが爆発。監視カメラの映像には、男性の口から炎が勢いよく噴き出す様子がとららえられていた。

 男性は命に別状はなかったというが、顔面にやけどを負ったという。

 かめば真贋がわかるという男性の根拠は謎だが、スマホバッテリーの多くはリチウムイオン電池であり、本物・偽物を問わず、熱や変形、衝撃などのストレスが加われば重大な事故を引き起こす危険性がある。


電池が爆発し、大きな炎の上がっている様子が確認できる
 いずれにせよ、爆発してしまった今では、そのバッテリーが本物だったのかどうか、もはや知るすべもない。だが、この男性が同じ真贋判別法を使うことは、もはやないであろう。

 昨年には、JR山手線神田駅で男性が背負っていたリュックサックから発火する事故が発生。その後の調べで、男性が秋葉原で購入したモバイルバッテリーが火元とみられることが判明した。今回爆発したバッテリーの製造国は明らかにされていないが、日本でもバッテリー爆発事件は対岸の火事ではない。
(文=青山大樹)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年2月25日 10:22 | 返信

チャイナボカンに終わりはあるのか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。