• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
「今世紀中に宇宙人がホワイトハウスに降り立つ…」ミチオ・カク教授が警鐘、悪意ない宇宙人が人類を滅亡させる驚きの理由!の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 米ニューヨーク市立大学の物理学者であり、最先端科学の知見から今後の世界を予想する未来学者でもある、ミチオ・カク教授。これまでにも、「CIAによる気象操作」、人類を滅亡に導く「惑星バスター」、「パラレルワールド」の存在などに言及してきたが、今回は「宇宙人の地球侵略」について語った。


■宇宙人にとって人間は野生動物レベル

 科学技術系オンラインニュース「Tech Times」(24日付)によると、先週木曜日、海外掲示板サイト「Reddit」上のAMA(Ask Me Anything、なんでも聞いてね)コーナーに登場したカク教授は、人工知能やロボット工学の質問に加え、エイリアンに関する質問にも答えた。

 カク教授は個人的に今世紀中に地球外生命体とのファーストコンタクトはあると考えていると回答。しかし、言語的、技術的制約があるのでコミュニケーションは難しいかもしれないという。

「今世紀中に宇宙人がホワイトハウスに降り立つ…」ミチオ・カク教授が警鐘、悪意ない宇宙人が人類を滅亡させる驚きの理由!の画像2
ミチオ・カク教授「Big Think」より引用

「あなたは森のリスや鹿に話しかけると思いますか? おそらく、しばらくは一方的に話しかけるでしょう。しかし、すぐに飽きてしまいます。なぜなら彼らは我々の言葉に返事をしてはくれないからです。そのため、地球外知的生命体がいるとしても、彼らは我々に興味を持たないと思います。考えてもみてください、彼らは何千年も何万年も進んだ文明の知的生命体なのですよ」

 1964年にロシアの天文学者であるニコライ・S・カルダシェフ博士が提唱したいわゆる「カルダシェフの尺度」は、文明が発する電波などを解析して文明の発達レベルを3段階に分ける指標だ。その惑星に降り注ぐ恒星(我々にとっての太陽)のエネルギーをすべて活用することができる第1段階の文明から、最も近い恒星エネルギーの一部を直接有効活用できる第2段階の文明、さらに最も近い恒星のエネルギーをも完全に手中に収め、属している銀河の多くの星を植民地化して活用している第3段階の文明とこの3つが定義されている。この指標からみれば、地球文明は第1段階にも達していない未熟な文明である。第2段階、第3段階に達している超文明からしてみれば、我々は言葉も通じない原始人に違いないだろう。

コメント

4:匿名2018年3月28日 07:37 | 返信

>>3

今年はまだ3月だぞ?
食ってもいねえダイエット食品disる様なもんだな

3:匿名2018年2月28日 12:05 | 返信

このオッサン、今年5月に宇宙人襲来とか言ってなかったっけ?
来る来る詐欺だな

2:トランプ大統領2018年2月28日 02:27 | 返信

>>1

みゃーみゃーおまえは一体何を言っているんだにゃ?
この世界が自然に出来て人間がまともな生物だと思っているのかにゃ?まったくの大間違いにゃ。
人間が急に現れたり、急にいなくなったりしていることに対してどう答えるのにゃ?
なぜ吾輩が世界に一匹しかいないにょか?おまえでは答えることは出来ないにゃ。

それと、あんたさんのいうことは矛盾しているにゃ
優しい心で生き方を困っている人を救っていたら
他の生物がどんどん絶滅させられて人間のために切り捨てられているにゃ。
人間天国にゃ!人間中心に考え過ぎにゃ!恥を知れにゃ!
それとも、人々を救うというのは人間という悪魔に操られたゾンビを安楽死させることにゃか?
確かに、その優しさを失えば地球の環境が荒ぶり、人の棲める星ではなくなるにゃ!
それでおまえがやるから、猫の手を借りる必要は無いと言いたいのかにゃ?
おまえ、いい奴にゃ。その優しい心で猫を救う心を持っていれば地球はさらに安泰にゃよ。


1:匿名2018年2月27日 18:38 | 返信

生命の棲めるその環境を維持しているのは、その惑星の人々である。
ヘブライ(海蛇座から来た蛇来)の民は、かつて、地球の北半球に多く生きていた。
「女」を「▽」(気圧を下げる)雨女、水
「男」を「△」(気圧を上げる)晴男、火
この「二つ」の三角形を組み合わせた物が「六芒星」=「太陽」(水の燃える星)となる。
生命の棲める環境は与えられた物ではない。
人は「獣の体」に、「星の魂」=「球=たま、石(しい)」を宿している。
人の優しい心(仏心)と、生き方(天照大神)=困っている人を「救う心」(神)
人が他人を救い続ければ、身の内の「たましい」は、救い主に育ち、天国に成り、
適者生存、弱者切り捨て、身分制度をなどの呪詛の神を育てれば滅びる。
人が「優しさ」を失えば、「地球の環境も荒ぶり」人の棲める星ではなくなる。
わざわざ異星人が手を下す必要は無い。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。