• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 さて、前回紹介したブロスノ湖に生息すると言われる謎の生物「ブロスノ・ドラゴン」は、ロシアに古くから語り継がれる「伝説」という要素が強く、多数の目撃情報があるだけで、その存在を示す物的な裏付けというものがまだない。

 しかし、ロシアには物的な“遺物”を人々に突き付けることで、その謎に満ちた存在をはっきりと示す未確認生物が確かに存在するのだ。今回はそんな事例をご紹介したい。


■魚類か?哺乳類か?奇怪としか言いようのない海洋生物

sakhalin_01.jpg
2006年8月、ロシア極東サハリン州の海岸に打ち上げられた謎の生物の死骸。黒く見える部分が体毛である。「Cryptid Wiki」より引用

 2006年8月、ロシア東部・サハリン州の海岸に実に奇怪なものが打ち上げられた。体長は6メートル以上、全身がびっしりと長い毛でおおわれ、恐竜のような大きな口と長い顎、鋭い牙を持った生物の死骸である。

 地元住民はもとより警察や消防はもちろん、多くの学者や軍関係者、はては政府の人間までがかけつけて大騒ぎになったが、何より困惑したのはこの生物の死骸の分析に当たった海洋生物学者たちである。

sakhalin_02.jpg
反対側から見ると長い背骨がはっきり見える。体長は6メートル以上ある。「Cryptid Wiki」より引用

 竜のように体が縦に長いので魚の一種か、或いは大きな口を持つのでワニのような爬虫類かと思われたが、骨や歯の形状から魚や爬虫類でないことはすぐに分かった。言うまでもなく全身に毛の生えた魚や爬虫類など存在しない。その外観からイルカやクジラといった海洋哺乳類の可能性が高いと判断されたが、むろん全身に毛の生えたクジラやイルカなども存在しない。

関連キーワード

UMA

コメント

4:匿名2018年6月 2日 10:00 | 返信

scp-682でしょ

3:匿名2018年3月 3日 02:42 | 返信

ちゃんと調べる気がないだけ…イルカに見えるけど。

2:匿名2018年3月 3日 02:12 | 返信

ロシアは広すぎる上に人類未踏の地が多すぎ。

1:匿名2018年3月 3日 01:20 | 返信

骨格から見ると頭部など、シロイルカに似ている。
海からの漂着生物でたまに言われるのが、腐敗した体で筋繊維が残って、毛のように見えるんじゃないか、という説明。それが正しいのか、よく分からないのだけれどもね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。