• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
【反出生主義】ヤバすぎる哲学書『生まれてこないほうが良かった』が日本上陸! アンチナタリズムから哲学を楽しもう!(小島和男准教授)の画像1
『生まれてこないほうが良かった 存在してしまうことの害悪』(すずさわ書店)

「(人間を含むすべての感覚のある存在者は)生まれてこない方が良かった」とする「反出生主義」を提唱する過激な哲学書が話題になっていたことがある。南アフリカ共和国のケープタウン大学教授であるデイヴィッド・ベネターが2006年に出版した『生まれてこないほうが良かった 存在してしまうことの害悪』である。2017年10月には待望の邦訳が出版された。翻訳を手がけた学習院大学の小島和男准教授に話を聞いてみた。第1回はコチラ第2回はコチラ

――本書に関する議論は海外ではどのくらい盛り上がっているんでしょうか?

小島和男准教授(以下、小島) この本は2006年に出て、2012年に海外の雑誌でも特集が組まれたりしましたが、今はいったん落ち着いていると思います。「子供を作るのは常に倫理的に許されないことである」という議論の代表的なものとして存在している、という感じですね。

 それで、2017年にベネターはThe Human Predicament: A Candid Guide to Life's Biggest Questions(『人間の苦境:人生最大の諸問題への率直な手引き』未邦訳)を出したんです。この本でも同じやり方で人生の意味とか価値を考えていこうとしています。哲学という分野に所属している人間としては、そうした形でベネター先生には研究をどんどん進めていって欲しいです。で、僕ではないもっと優秀な人がどんどん翻訳してくれれば嬉しいです。

 なぜ生きるべきか、どう生きたらいいのか、っていうのは我々が哲学で本当に考えたいような問題じゃないですか。でも、例えばプラトンを読んでみても、「ソクラテスみたいには生きられないよな」って思ってしまうと思うんです。そういう意味では、ベネターにはそういう問題をそのまま考えられるような土壌があるので、興味がある人には入りやすいところなのかなと思いますね。ちなみに、私の研究しているアプレイウスという男はその点ですごくマッチョです。「ソクラテスみたいに生きられないなんて言わずにソクラテスのように生きられるように努力しろ! やれ! できないのではない、やろうとしていないだろう」ですから。そんなのもカッコいいな~とは思うのですが。

【反出生主義】ヤバすぎる哲学書『生まれてこないほうが良かった』が日本上陸! アンチナタリズムから哲学を楽しもう!(小島和男准教授)の画像2
撮影=編集部

――本書はどんな人に読んでもらいたいですか?

小島 これはもちろん、人生に疲れた人が読んで勇気を出すような本ではないです。そこのところはぜひ誤解を解いておきたいと思います。自分の境遇が悪くて死にたいと思っている人の後押しみたいにはなってほしくないので。そういうのとはやっぱり違う話ですから。あくまでも哲学史の流れの中で出てきた本なので。

 むしろ、純粋に知的な好奇心を刺激する面白い本だと思います。たとえば、高校生が倫理の授業を受けて、カントの定言命法(※)の考え方が面白いなって思ったら、その後でこれを読んでほしいですね。大御所の哲学者の議論を知った後にこれを読んだら、「こんなのもあるんだ~」って、相当楽しめるんじゃないかと思います。

(※)普遍的で無条件な命令。カントが挙げている例の1つは「嘘をつかないこと」。これは「(何がなんでも)嘘をついてはいけない」という命令であり、常に遵守しなくてはいけない。それができることに人間の自由がある!?

コメント

1:トランプ大統領2018年3月 8日 02:29 | 返信

私のようなサイコパスの能力の人間にしか理解できないヤバ過ぎる哲学書か?
すぐ中二病だとか決めつけるカルト宗教に洗脳された低能児では永遠に理解出来ないだろう。
ドラゴンボールでいうと身勝手の極意を極めたものだけが理解できるものである。
普通の人では勘違いして
共産主義政党やイスラム過激派のように行動してしまうが、人は多すぎるので別に構わない。
孫悟空のように「オラ、わくわくすっぞ」って感じで、今までないもので興味が湧くものだ。
いやいや、オカルトには人類削減計画が既にありますと言う人もいるだろうが
これはまったく別ものである。表向きには。
計算上、知的生命体は存在しない方が幸せであるというのはその通りだろう。
そうすれば世の中に不細工やキチガイが生まれることはなく
生物兵器や殺人ロボットも現れることはない。
TOCANAの記事にあった宇宙に意思があるのならば、宇宙と一体になることがまさに天国である。
だが、現実にはすべての宇宙に生物が生まれないということにはならない。
やはり、不細工やキチガイが現れ、生物兵器や殺人ロボットがうようよ、獲物を探して宇宙を
彷徨うのだ。そのようなものから、まともで純粋な生物は戦わなければならない宿命なのだ。
私から見て、人間はまともでない。その不細工やキチガイであり生物兵器の殺人ロボットが合わさった存在だ。まともな奴というのがいない。
皆ゾンビのように宗教に支配されてロボットのように動いている。
ロボット宇宙人である存在Xの経済に従い。
破滅に向かって無駄な環境破壊を金のために行う奴隷で死ぬために毎日を生きており
疑問に思うこともなく、皆同じような顔をして人の物真似をしながら過ごしている。
お前らは量産型か?インスティチュートの人造人間のように製造されているのだろう。
どこからともなく現れては消えるのだ。間違いない。
ポプちんは反出生主義の影響か?世界に一つだけの花になっている。
貴様らはポプちんの思考をサイキックで読み取って、行動指標にしているようだが
そんなことは普通の生物は出来ない。完全に人の形をした物である。
ポプちんに貴様らロボットに役に立つ何かを求めるのは無駄であり、非効率である。
やはり、人間を削減してクローンポプちんを増やせば、いろいろ引き出しが増えて、その異常な状態から抜け出せる可能性が出てくるだろう。
ポプちんが居れば、身勝手の極意で自由に何でもできるからだ。
お前たちを修理することも出来るし
ポプちんが助っ人として加われば
苦手で強くなる見込みもない下手くそなサッカーも一気に最強レベルになる。
ポプちんならば詐欺をするために物を作ることもないので偽物はない。
ただし、限定的にしか提供出来ない。大量に作るのは環境破壊になるし悪用を避けるためである。
なんとなく、よくなる足掛かりになるのではないか?ポプちんが!
サブカルクソ女と呼ぶなかれ、そのうちポプちんが人間の出来ないことをするようになり
オゾン層も修復してくれるようになる。ただの殺し屋ではない。
この反出生主義はお前らは危険な存在であるが故なのだと心得るがよかろう。
ふぉっふぉっふぉっ。
いや、人間がロボットでは、いなくなる以外に選択肢はないのかもしれないがのぅ?
猫もいない方がいいだなんて、猫は可愛いので許されるのだ。
それを言うなら、ウィルスや細菌もいない方がいいのではないか?
また、生物が生まれる可能性も絶つべきである。いや、物質もない方がいい。
そうすると、宇宙もない方がいいということになる。もう切りがない。


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。