• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

スマホは使うほど幸せが減る!? 幸福度が高かった1日の利用時間は……の画像1
デジタル機器の利用時間と「幸福度」の関係は?(http://jp.depositphotos.com)

 昨年(2017年)末、文部科学省が発表した「学校保健統計調査」によれば、裸眼視力1.0未満の小中学生割合が過去最高を記録。文科省の見解はスマートフォンやゲーム機の長時間利用など生活習慣の影響が出た、というものだった。

 ただし、この「デジタル機器漬け」と「近視増加」の相乗傾向は何も小中学生に限らず、今日の大人たちでさえ例外でないことは言うまでもない。

 寝床に入ってからもスマホ画面をスクロールし続け、ブルーライトに交感神経を刺激されて、不眠傾向を抱えている層はむしろ大人のほうが多そうだ。

 では、そんな心当たりをお持ちのアナタにお聞きしたい。スマホに代表されるデジタル機器の利用時間に関して、長めの人と短めの人を比べた場合、いったいどちらのタイプのほうが「幸福感の程度」を低く思っているのか?

 そんな誰もが考えそうで、その実、言われてみないと考えもしない「デジタル機器と幸福度の関係性」を探求した研究報告が、『Emotion』(1月22日オンライン版)に掲載された。

スマホ画面に向かう時間で「幸福感」に差?

 ディスプレイに向かう利用時間の長短によって、いったい幸福感に差は生じるものなのかどうか――。この興味深い比較調査を実施したのは、米サンディエゴ州立大学のJean Twenge教授(心理学者)ら研究陣である。

 Twenge女史らは今回、米国内の中学2年生、高校1年生、高校3年生の男女生徒110万人を対象に行なわれた大規模な調査データ(実施期間:1991~2016年)を分析し、10代の感じる幸福度とデジタル機器の相関関係を探った。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。