>  > 東大王でも解けない難問クイズ「地下たほいや」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

★3月8日(木)アングラクイズゲーム&トークバラエティイベント「地下たほいや2」開催


thiy_1.jpg

 突然だが、クイズを出題しよう。以下の言葉の意味は何か? あなたに正解できるだろうか?

問題1:どんきざくら
問題2:ぱちとぴあ
問題3:たなかとうさく

 いずれも地下クイズと呼ばれるアンダーグラウンドな領域での、さらに深淵に潜らないと出てこないダークなキーワードばかり。この段階で正解できるのは単に危ない人だ。「聞いたことがない?」それでいいのだ。そして、聞いたことがないアングラなキーワードを見ながら、その意味を推理しあうこの言葉の遊びこそ、地下クイズ愛好家たちの間で最近流行している「地下たほいや」なのである。

 昨年12月に開催された観客参加型の地下クイズイベント「みんなで遊ぼう『地下たほいや』 presented by クイズ夜会」は大好評のうちに終了した。そしてなんと、あの地下の祭典が再び開催されることが決定だ!


■楽しすぎるルールとイベント進行

「地下たほいや」に馴染みのない読者のために、まずは簡単にルールを紹介しておこう。

 親がアンダーグラウンドな領域に関する難問ワードを出題すると、子はそのワードについて「ニセの解答」を捏造する。たとえば問題1の「どんきざくら」の場合、ニセの解答として「昨年の九州場所中に関西に出現したピン芸人。力士風の浴衣に頭が鈍器でざっくり割られたコスチュームで登場する」といった、いかにもありそうで、かつ怪しい選択肢を作るのだ。

 地下たほいやイベントでは、観客席の来場者も自由に選択肢を提出することができる。選択肢がステージ上で選ばれると、その観客には記念品がもらえる仕組みだ。実際にどんな感じになるかやってみよう。

親の問題:りんばーばっと

子の解答:
1. マレーシアに出現するUMA。イヌほどもある大きさの蝙蝠で人間の血を吸う。
2. 60年代のイスラエルの秘密部隊の暗殺者のコードネーム。13人の元ナチス幹部を暗殺し恐れられた。
3. 2016年のアメリカ大統領選挙でトランプ候補のライバルに立候補した対立候補。ただし猫。
4. ハリウッドB級映画。#meetooでセクハラ被害が報告されたがそもそもエロ映画だったことから物議をかもした。
5. 福岡県で摘発された危険薬物。粗悪な合成カンビノイドで2名の死者を出す。

 この中で正解はひとつだけ。残りの4つは全部ウソである。そして地下たほいやの醍醐味は、「ニセの解答で他のプレイヤーをひっかけると大量得点が手に入る」というルールだ。普通のクイズとは違い、正解するよりも相手をひっかけた方がより点数が多くなる。

 なお、この問題の正解は3の「アメリカの大統領選の対立候補」である。この件はサイゾーウーマンで記事になっているので、トカナの読者には簡単な問題だったかもしれない。


■ヤバすぎるワードばかり登場! アングラ知識の宝庫

 ちなみに、冒頭のクイズは第1回のイベントで出題された問題だった。それぞれ正解を解説するとこんな内容だ。

問題1:どんきざくら
正解:「ドン黄桜」は事故物件サイト「大島てる」の管理人を殺害予告した犯人のツイッターアカウント名。大島てるによって追跡され無事逮捕。現在「大島てる」上には犯人の自宅がさらされている。

問題2:ぱちとぴあ
正解:「パチトピア」はジャーナリストの清水潔が追いかけてきた北関東連続誘拐事件のうち幼女誘拐が発生した群馬県太田市のパチンコ店の名前。防犯画像に映っていた男性はその容貌から「ルパン」と命名されたが、事件は今でも未解決。最近、アマゾンが無断でこの事件を扱った「チェイス」というドラマを制作したが清水氏らの抗議で放送中盤でお蔵入りした。

問題3:たなかとうさく
正解:「田中藤作」は明治6年に起きた「石鎚県死刑囚蘇生事件」の当事者。絞首刑を執行されたが、その後死体置き場で生き返ったため明治政府に対応をあおいだところ「一度死刑が執行されたのだから二度執行する必要は無い」という指示によって釈放された。拘置所にいる死刑囚がよく首の筋肉を鍛えているのは、この前例があるから。


 いかがだろう。もともと地下クイズサークル夜会の仲間うちの遊びから誕生したこのゲーム。3月8日(木)の夜、高円寺パンディットで2回目となる公開イベントが開催される。前売り1500円、当日2000円。わかったからといって「いかがなものか」という地下知識ばかりだが、クイズが楽しめて、かつ、アンダーグラウンドな常識を増やすことができる地下たほいやイベント、ぜひ参加してみてはどうだろうか?


★イベント情報★

3月8日(木)アングラゲーム&トークバラエティ「地下たほいや2」

http://pundit.jp/events/3466/

【出演】
・ 松本博文(将棋ライター、たほいやマエストロ)
・ 鈴木貴博(経済評論家)
・ 田川憲治(第13回アメリカ横断ウルトラクイズ第4位)
・ ひらのあやか(秘密兵器1号)
・ 吉田悠軌(オカルト研究家)

【時間】
3月8日(木)
開場19:00 開演19:30

【入場料】
前売り \1500(共に+1オーダー)
http://pundit0308.peatix.com/
※Peatix予約のみです
※キャンセルの払い戻しはありません
当日 \2000(共に+1オーダー)
※前売り完売の場合は発行はありません

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。