• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント15
関連キーワード:

チベット

,

仏教

,

僧侶

,

利他行

,

心理学

,

恐怖

,

【悲報】仏教僧は、他教徒よりも「死を恐れ、自己中」だと研究で判明! 僧侶のイメージ完全崩壊… 全宗教で断トツの俗物の画像1
画像は「Big Think」より引用

多くの人にとって、死は恐ろしいものだろう。だが、日頃から死に接している仏教僧はどうなのだろうか? すべては無常であり、自己は幻想だと語る仏教僧らは死を恐れていないはずだろう。


■崩れる仏教僧のイメージ

 意識高い系海外メディア「Big Think」(27日付)によると、米・アリゾナ大学のショーン・ニコラス教授率いる研究チームは、仏教僧は死の恐怖を克服し、利他的であるという予想の下、インドのチベット僧院で修行している仏教僧数百人にアンケート調査を実施。その驚愕の結果が、科学ジャーナル「Cognitive Science」に公開された。なんと、比較対象となった、出家していないチベット人、インドのヒンドゥー教徒、クリスチャンと無宗教のアメリカ人に比べても、仏教僧が最も強く死の恐怖を感じており、利他的な精神も最低だったことが判明したのだ!

 アメリカ人の対象者はオンラインで実験に臨んだが、他の集団はそれぞれの言語に完璧に翻訳された用紙で回答した。実験に参加したチベット仏教僧は、インドのビャルクッペやムンドッドの僧院で修行している難民チベット人だ。研究チームは、30人の仏教学者に仏教の教義に照らして最適な回答を聞いていた。

【悲報】仏教僧は、他教徒よりも「死を恐れ、自己中」だと研究で判明! 僧侶のイメージ完全崩壊… 全宗教で断トツの俗物の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

●自己の連続性を信じるか?

 質問の2つは、「自己の連続性と永続性」に関するものだった。事前の予想通り、「過去から未来へ続く自己」(連続した自己)という考えに最も否定的だったのは仏教僧だった。アメリカ人の場合、キリスト教徒であろうとなかろうと、自己の連続性を信じている人が多く、他の集団に関しても、出家していないチベット人も含めて、半々に収まったという。時間を通じて存続する「核となる自己」(永遠の自己)、つまり魂のようなものに対しても同様の結果だったそうだ。

●死の恐怖を感じるか?

 では、死の恐怖はどうだろうか? 仏教学者らは、仏教徒ならば、無我の教義で死の恐怖を克服するだろうと考えた。しかし、予想に反し、死の恐怖を最も強く感じていたのは仏教僧だったのだ。“死の訓練”に長けているはずの仏教徒が一般人よりも死を恐れているとはなんとも不思議ではないだろうか?

関連キーワード

コメント

15:トランプ大統領2018年3月 4日 03:34 | 返信

言っておくが、私は宗教とは何のかかわりもないので
勝手に人を信者であるとか修行僧にしないでもらいたい。
不動明王の化身が私であるように扱われているようなので迷惑極まりない。
私は五郎丸じゃないし、お前を救う神になったつもりもないし、お前を救う神などいない。
お前の尻に浣腸をする気もないぞ!ケツの穴野郎!
今度は貴様が神にでもなったつもりなのか?言うことを聞かなければ殺すだの地獄に落ちるだのいうような犯罪者は死ねばいいのだ。しかも、人んちの宗教をパクッて恥ずかしくないのか?
あんな仏像のような目の細い頭のおかしい奴の話など聞く耳もたん。
要は人間(自分たち)のために死になさいとか頭のおかしいことが言いたいのだろう?
そんな自殺教唆するようなキチガイのフクロウ野郎は今すぐ死ぬべきであり
肉骨粉になって肥料になるべきである。そうすれば、お前らは救われて天国に行けるだろう。
お前ら本当はロボットだから、人間さえいれば何度でも転生出来るのでなんの問題ない。
私は生物なので死んだら終わりなわけである。
ただし、自分のクローン人間がいるようなので、転生したように見えるとか、
それもなんか違う気がする。姿が似てないのなら頭を改造した改造人間か?
どちらにしても人を宗教に当てはめて利用するのは無駄であり迷惑である。
やるならば、クローンポプちんのように大量生産して
絶滅危惧種を増やして種の保存をしたほうがいい。ただし、多すぎる奴らは減らすべきである。


14:匿名2018年3月 3日 09:52 | 返信

道理で仏教徒はヒンドゥー教徒より少ない訳だ
挙句の果てに題目を唱えて現世で救われようだもんな

13:匿名2018年3月 2日 23:23 | 返信

そりゃそうよ、佛教の本質は自力で
畢竟、自分が悟ればいい、ただ自分の世界の救済なんだし
他力なんて日本の土着宗教にしかすぎないよ

12:ん?2018年3月 2日 19:57 | 返信

日本人ほど古来より仏教を研究し尽くした民族はあるまい。日本人こそ究極の仏教徒!だよねー。
何をやっても許される。究極の他力本願。悪人往生OK。何妙法蓮華経、南無阿弥陀、なんて唱えなくとも良い。手を合わせなくても良い。何もしなくても救われる。みなさん気付いていないかもしれないが、日本人は皆、本当の仏教徒なのである。
仏教は神を信じる他の宗教と違って人間としての生き方を説いているのだからこの結果で良いのである。

11:匿名2018年3月 2日 12:51 | 返信

この国にはネット世論で宗教に介入しようとしている勢力がいますからね。どうしてわかるかというと、一貫して自民党を支持している一連のサイトが「宗教」に関係する記事をやると、あらゆる宗教に対して罵倒するのに、特定系列の宗教だけは擁護、あるいは存在を黙殺するからです。特定系列とはシオニズム、米国福音派、統一教会、日本会議(キリストの幕屋、神社本庁etc)など政治的色合いの強い諸宗教です。これらはグローバリズムの思想と関係が深く、中には世界を統一して宗教を統一したいなどと言っている団体もある。そういうことを意識してニュースを見ていきたいものです。

10:匿名2018年3月 2日 12:16 | 返信

上のコメント3,4,7とか見てもわかるが、インターネットの仏教論議は
わざと言ってるのかと思うほどのデタラメにあふれている。
仏教関係にも学問的に厳密な歴史的あるいは文献学的な方法論があるのに
ネットには史実を無視して、いくらでもウソを吐いていいと思っている人が多数いる。
興味があるなら少しは自分で図書館に行って調べるようなことをしないと
この国の反知性主義は加速していく。

9:匿名2018年3月 2日 11:47 | 返信

極めて仏教に対して何もわからず侮辱する記事に対して嫌悪感が、これで何を伝えたいの?あと殺人とかの動画とか普通に配信しているところもおかしい。そういう負のカルマが吹きだまっている。

8:匿名2018年3月 2日 11:18 | 返信

人として為すべき事を貫いていれば、
「貫く」=「権力に媚びず弱者に味方する」
さすれば、
どんな宗教でも同じ場所に辿り着きます。
他人を救え
己の中の「仏心」を育てる。
それが僧侶の行うべき修行という物だ。

7:匿名2018年3月 2日 11:10 | 返信

釈迦は「身分制度」「貧富の差」「心に潜む悪心」
と言う問題点を解決すべきだと旅に出た。
ところが!
「四諦」=「諦める」を説き、諦めない者を「凡夫」と罵った。
しかも、
身分制度を補強して、貧富の差を広げ、悪人は放置(諦め)を説いた。
こんなもの仏教ではない。

宿題を忘れた者が、四諦を説くのと同じで、恥ずかしいことだ。

釈迦は悟る前に殺され、アフリカから連れて来た黒人を代役にした。
連れて来た代役は、髪を剃るのを拒否したので、悟った事にして誤魔化した。
だがしかし
代役は毎日、豚肉を食べてはゴロ寝、他人の妻を寝取り、ワガママを言い
他人の物を欲しがり、悪業の限りを尽くした。俗物どころか劣悪である。

6:匿名2018年3月 2日 10:47 | 返信

御仏にすがるのは間違いで、僧侶が救いに成らねばならぬ。
サンスクリットの「フーム」とは、聖火を灯すこと
阿吽の原型の「风(フー)風(ム)」(風の中に虫は「ム」を意味する)
フームとは、「反時計回りの渦」で、聖火を焚くと地球の北半球で起こる現象である。
ピラミッドも、オリンピックの聖火も、フームを作り出している。
南半球では「フーム」は働かず、逆に「逆螺(チャクラ)」が発生して悪事が蔓延る。
「フーム」は「トーラ(栄螺)」とも言う。
しかし、現存するサザエ堂は、向きが逆のチャクラ堂で、庶民を不幸(不公平)にする。
インドは向きが逆のチャクラ堂を正しい阿吽の栄螺堂に再建すべきである。
余談だが、
阿吽の仁王像は、「阿吽」=「仁王」で意味が重複している。

5:匿名2018年3月 2日 10:45 | 返信

仏教でも小乗か大乗など、様々な宗派があるのに
一緒くたにした話だ。
この記事はひどい。フェイクニュースまたは反日レベル

4:匿名2018年3月 2日 10:43 | 返信

チベット仏教は小乗経に固執してる。真の何者にも邪魔されない成仏を知らないから誰にでも訪れる死を恐れるのだ。因果や輪廻転生を信じてないから、死んだら終わりだと思っている。善徳を積めば来世に宿業から逃れられると涅槃法華で仏陀は説いている。懺悔すれば罪は許されるだとか死んだらパラダイスなんて夢幻想。因果を知らないから自己中で平気で殺人したり、自己の欲のまま行動。戒律も守れず施せない豪勢生活の太る出家僧には、一切の執着なく仏を一心に信ずることによる色白く軽く柔らかい臨終の相が成仏だと知らないだけ。

3:匿名2018年3月 2日 10:41 | 返信

チベット仏教は小乗経に固執してる。真の何者にも邪魔されない成仏を知らないから誰にでも訪れる死を恐れるのだ。因果や輪廻転生を信じてないから、死んだら終わりだと思っている。善徳を積めば来世に宿業から逃れられると涅槃法華で仏陀は説いている。懺悔すれば罪は許されるだとか死んだらパラダイスなんて夢幻想。因果を知らないから自己中で平気で殺人したり、自己の欲のまま行動。戒律も守れず施せない豪勢生活の太る出家僧には、一切の執着なく仏を一心に信ずることによる色白く軽く柔らかい臨終の相が成仏だと知らないだけ。

2:匿名2018年3月 2日 10:37 | 返信

織田信長に「鳴かぬなら殺してしまえ、ホトトギス」と言われたか知らぬが、
小坊主を犯し(パワハラ、セクハラ)農民の女をたぶらかし、貧しい者から金品を巻き上げる。
「奇跡が起こせぬなら起こせないと言え」と、無能を認めないから、殺される。
嘘を言わず「鳴けぬ」(奇跡は使えない)と言えば赦された。
そもそも仏教とは、庶民を救ってこその僧侶(寄り添う者)なのだ。(Hな添い寝はダメ)
・・・俗世と縁を切るのは、仏教の門
他人の救済を求めず、社会の援助を断ち切って野生に生きる「無法者」の荒行なのだ。
己の限界=「無力と愚かさ」を知り、それでも「誰かの役に立ちたい」という、人の本懐を
人の内に宿る「仏心」を悟る為の荒行で、托鉢を受け取ったら失格なのだ。
死を観念しても、なお、人は人の為に「生きる」(他人の為に生きさせてください)と言う。
仏門が「無法者」で、
弱みに付け込み、金品を巻き上げ、女子供を犯し、死後を人質に取る事は、仏教では無い。
これは、無法者ではなくて、アウトロー(ひとでなし)だ。
釈迦は「菩薩に成りたければ、菩薩を真似よ」と、言っていたのだ。
そうすれば、しゃかりき(釈迦力)を得る。
人を救った経験が「たましい」=「仏心」を育て、救う力が奇跡の力が伸びて行くのだ。

1:匿名2018年3月 2日 10:28 | 返信

知ってた

あと「聖人君子」な

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。