• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
【朗報】ブラックホールに落ちると「自分の過去を抹消できる」ことが判明! 数学者が証明、非決定論的アナザーワールドにも行ける!の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 ブラックホールに落ちたらどうなるのだろうか? 可能性の1つとして、有名なところでは「スパゲッティ化現象」がある。ブラックホールは光も逃さない強力の重力を持つ。そのため、もし頭からブラックホールに落ちたとしたら、足とのわずかな距離の差でも、かかる重力の差はとてつもなく大きなものとなる。その結果、肉体はまるでスパゲッティのように長細く引き伸ばされ、最後は引き裂かれてしまうというわけだ。だがこの度、さらに奇妙キテレツな可能性を数学者が提唱し、話題になっている。なんと、ブラックホールに落ちた人は過去を失い、無限の未来に飛び出すというのだ! 英紙「Daily Mail」(28日付)が報じている。


■ブラックホールは無限の未来へ続いている?

【朗報】ブラックホールに落ちると「自分の過去を抹消できる」ことが判明! 数学者が証明、非決定論的アナザーワールドにも行ける!の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 現実の世界では、未来の出来事は過去の出来事に決定される。このルールの下では、宇宙の物理的法則は、1つの可能的未来しか許してくれない。そのため、もし物理学者が宇宙誕生時のデータを完全に知ることができれば、理論的には未来に起こるだろう全事象を計算して予測することができる。

 しかし、米・カリフォルニア大学バークレー校の数学者ピーター・ハインツ博士によると、帯電しているブラックホールである「ライスナー・ノルドシュトルム・ブラックホール」においては、過去が未来を決定する当たり前の決定論が通用しないという。驚くべきことに、人間がこのブラックホールに落ちても死ぬことはなく、特に重力が強い特異点さえ避けることができれば、決定論的なこの世界から非決定論的なアナザーワールドに飛び出すことができるというのだ! 非決定論的な世界とは一体どんな世界だろうか? ハインツ博士も、これについては「未知」だと口をつぐんでいる。

コメント

5:匿名2018年3月 2日 12:49 | 返信

エルドリッチ号の乗組員は甲板に潜り込んで、ガラスのように成っていた。
これ、生みだした超重力のレベル(強さ)を知る目安と成る。

4:匿名2018年3月 2日 12:39 | 返信

重力の素と成る物質は存在しない。粒子は進む時に自らの後ろに密度の薄い空間を作り出す。
スリップストリームの様な物が出来る。
粒子は、自らが生みだしている「空間の凹み」に引き寄せられて「回転」している。
この空間の凹みが重力の正体となる。
物質の運動エネルギー(熱)は、この凹みに吸収されてバランスが保たれている。
「断熱圧縮をする」と、吸収しきれなかった粒子の運動の熱が凹みから漏れ出て高温に成る。
逆に
「断熱膨張をする」と、凹みは余分に「熱」を吸収するので、低温に成るのである。
ブラックホールの中は超高温で、とても人が棲める場所ではない。
それに、炭素はガラスに成り、ガラスはゲルマニウムに成り、スズ、鉛と成る。
生きていたとしても、過去のことなんかどうでも良くなっているだろう。

3:匿名2018年3月 2日 12:25 | 返信

アメリカ(フロリダのユダヤ)がバミューダ・トライアングルで実験した。
発電機を使った、発電機で作った電気を起電力に加えて超重力を作り出す実験で
疑似「超重力」を作った実験で、
(超重力)ブラックホール内では、酸素は硫黄に、窒素はリンに成る事が判明した。
基本的に原子の周期表の真下の物質に変化し続ける。
・・・そして、そこにある重力が圧縮できる臨界点を超えると、水素原子にばらけて、
ブラックホールから溢れる。
その時の衝撃波と音を(地球では)ブラックホールの衝突と言っている。
ユダヤは、
その後も何度もバミューダ・トライアングルで実験を繰り返した。つづく

2:匿名2018年3月 2日 12:22 | 返信

引用画像の、スクショからの切り抜き方が雑やなw

1:匿名2018年3月 2日 12:22 | 返信

マン博士ではなくマン教授か

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。