• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
SFJ_1.jpg
画像は「GRAPEVINE」より引用

 その夜、男は家族と一緒に夕食を摂っていた。普段なら楽しい一家団らんの場となるはずであったが、この日、男は何か考え込んでいるように見えた。息子が山盛りのマッシュポテトの皿を差し出すと、父親はそれを全部自分の皿にすくい取り、なにか懸命に山のようなものを形作り始めた。その光景に異様な雰囲気を感じた幼い子どもの泣き声に、男はふと我に返り、自らが作ったデンプン質の山岳模型をまじまじと見つめた。それから一言、ポツリと言った。

「何か意味があるはずだ」


■世界中の人が“同一のメッセージ”を受け取っていた

 ここまで読んで、スピルバーグの伝説的な映画『未知との遭遇』(1977年)の1シーンを思い出した人もいるだろう。だが、これは1993年、英国人のマイケル・ディロンに実際に起きた事なのだ。このときディロンの皿には、アイスランドの火山、スナイフェルスヨークトルを思わせる形態が残されていた。

 マイケル・ディロンは、それ以前から宇宙人の通信を受けている所謂コンタクティーの1人だった。宇宙人からの通信には、「スナイフェルスヨークトルに人々を集めるように」というものもあった。さらにディロンは、その年の11月5日、午後9時7分、宇宙人がこの火山の頂上に着陸するという連絡を受けた。

SFJ_4.jpg
画像は「What's On」より引用

 ディロンは直ちにこれを公表し、アイスランドのUFO研究団体とも連絡を取った。すると、同じような宇宙人の通信を受けたとする者が何人も現れた。そして、予定日に先立つ11月初頭には、何百人もの研究家や目撃者、コンタクティーなどが世界中からレイキャビクに集い、一種のUFO集会が始まった。参加者の中にはアメリカの軍人やイギリスの警察官、FBIやCIAの職員まで含まれていたという。

 こうして冬のレイキャビクには時ならぬ熱狂が巻き起こり、地元の新聞やテレビもこの模様を連日報道した。前年の1992年からアイスランドでUFO目撃が多発し、さらにこの事件の少し前からテレビドラマ「X-ファイル」の放映が始まったことも騒ぎを大きくした原因の一つだろう。そして、ついに運命の時間が訪れる。

コメント

3:匿名2018年3月 7日 07:38 | 返信

マッシュポテト山盛りにして、これは何か意味があるってなるか普通
頭おかしいとしか思えない

2:匿名2018年3月 7日 07:36 | 返信

マッシュポテトを山盛りにして、これは何か意味があるってなるか普通
頭おかしいとしか思えない

1:匿名2018年3月 6日 18:00 | 返信

人類70億人以上もいれば、中には映画の内容が自分自身の出来事と思い込んでしまう人もいるだろうねぇw
何処かしら病んでるのかも知れないけどねぇw
まぁ、他人に危害を加えない限り、問題無いかw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。