• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
0305meat-2.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 人工的に培養された食肉を使った食料品が2018年中には一般販売されるかもしれない。米国のニュースメディア「CNN」が今月1日付けで報じている。

■培養肉・クリーンミート

 動物の幹細胞を抽出・培養して作る培養肉「クリーンミート」が、2018年末までにはレストランに並ぶとし、話題を呼んでいる。クリーンミートは日本ではあまり話題にならないが、欧米ではこの数年非常に注目を浴びている分野であり、未来の食料供給源としてビル・ゲイツやリチャード・ブランソンといった錚々たる顔ぶれが大金を投じている。

 クリーンミートを作るテクノロジーの原理は、幹細胞を使った再生医療などと基本的には同じだ。牛や豚などの家畜の幹細胞から作られた筋肉細胞を培養・増殖させ、ハンバーグやミートボールの原料となる肉を作り出すのである。クリーンミートを開発する「Mosa Meat」社CEOのMark Post氏によれば、およそ9週間の培養でハンバーガーのパテが作れるという。

 米国では現在、クリーンミートの一般販売の承認するための安全性の検査・調査が進められている。これをクリアできれば、クリーンミートはすぐさま市場に出回るようになるという。メーカーの一つ「JUST」社は、2018年末までに米国とアジアのレストランでナゲットやソーセージ、フォアグラといった製品を提供することを目指している。他のメーカーでも2021年ごろにはクリーンミートをスーパーの食品の棚に並べたいと考えているという。

関連キーワード

コメント

5:匿名2018年3月17日 18:07 | 返信

ヒトもトリもウシもブタもダメなら、
地球上に存在しないゲノムを持った、
食肉に適した新しい細胞を創ればいいじゃない。

4:匿名2018年3月 6日 22:30 | 返信

>>1

お前、マックの一番安いハンバーガーしか食ったことないだろw

3:匿名2018年3月 6日 07:46 | 返信

全ては味とコスト次第。
イメージだけで嫌だ嫌だって言ってる人はただのバカだし
そう言うバカに限って、培養肉が流行…となれば飛び付くから大丈夫。

あと、培養肉に職を奪われた畜産家に対しての補填をしっかりやれば一気に普及するだろな。

2:トランプ大統領(ドナルド・マクドナルド)2018年3月 6日 04:33 | 返信

>>1

お客様申し訳ございません。
只今増産中でして大量生産により
マクドナルドの商品をもっとお手頃価格で提供させて頂きます。

というようにマクドナルドだけでなく
せっかくハンバーガーをよく食べる大統領が現れたのだから
大統領をモチーフにしたハンバーガーを作らないのはアイディアがなさすぎる。
プレジデント・ビックマックもしくはトランプバーガーを作るべきである。

まさか人工肉について考えていたらこんな記事が出てくるとはな。わかってるね。
そのうち人工フードが非常食で売り出されるようになるかもしれない。宇宙食は人工肉だ。

それと北朝鮮も食物プラントを地下に建設して、食料を作らないと長く戦争出来んではないか?
光ファイバーで太陽光を地下に引っ張ってきたり
農業用LEDを使って野菜や果物を大量に生産することを考えた方がいい。
食料があれば戦争を有利に進めることが出来る。
余ったら無農薬野菜を売ればいいし、加工して非常食にしてもいいのだ。
地上で作るより地下深くに巨大な食物プラントを建設して戦争を有利にするのだ。
長期戦に持ち込めば勝てる。
北朝鮮軍の飢えと集中力があれば、相手の物を盗み取ることが出来る。
戦争は中国や韓国の基地に入り込み乗っ取り計画すること。
兵器開発は毒ガス入りのクラスター爆弾を製造するべきである。
撃墜される前に自動散乱して撃墜しにくいような兵器を作って敵に雨のように降らせるのだ。
そうすれば大量虐殺に貢献でき周辺諸国に大打撃を与えられる。


1:匿名2018年3月 5日 19:37 | 返信

>ハンバーガー一個で11ドル(約1200円)
やっぱ高けえわ!もっと努力せんかい!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。