• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

パワハラ

,

伊調馨

,

吉田沙保里

,

栄和人

51nGuj+CzEL._SX329_BO1,204,203,200_.jpg
一日一日、強くなる 伊調馨の「壁を乗り越える」言葉

 レスリング界で発覚したパワハラ問題が、ゲスな結末を迎えるかもしれない。発端は1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、レスリング女子で史上初の五輪4連覇を達成した伊調馨が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワハラ被害を受けていたというもの。伊調が2004年アテネ、08年北京と五輪連覇した後、練習拠点を愛知県大府市の至学館大から東京へと移したことに栄氏が激怒。伊調は当時男子の強化スタッフだった田南部力コーチに指導を仰ぐ形で技術を磨き、近隣の大学や自衛隊への出稽古のほか、男子の合宿にも参加していたが、のちに栄氏からの不当な圧力で練習場を追い出されたという。さらに、女子強化委員長でもある栄氏は田南部コーチに対し、伊調への指導をやめるよう忠告。従わなかったため、田南部氏を協会の理事から外したという。

 栄氏はマスコミの取材にパワハラ疑惑を否定した上で「伊調がやりやすいようにやる中で、チームとしての和を乱さないようにしてほしいというだけの指導はしました。伊調選手がここまで本当に言ったのかなと心配しています。私なりに、ここまでなってしまったことに、逆に寂しさを感じている」とコメント。

 日本レスリング協会も1日、「当協会が伊調選手の練習環境を不当に妨げ、制限した事実はございません」

「田南部力コーチに対し、伊調選手への指導をしないよう不当な圧力をかけた事実もございません」との見解を発表した。スポーツ紙記者によれば「レスリング協会内の権力争いが背景にあると言われているが、いち選手の伊調選手には関係のない話。彼女はただただ1日も早く練習場を確保し、2020年東京五輪に向けたトレーニングを開始したいだけ」という。

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年3月14日 17:12 | 返信

こう言う話題はいつも女性側や先に発言した方の意見を鵜呑みにして
やり玉にあげられた人は問答無用に責め苦を受けるこの世の中が酷く
歪んでいる気がします。
まだ、確定していないのに犯人扱いされたらそりゃ体調も崩すよね。
間違っていた時に伊調に同調していたメディアは責任とれるのかな?
相手のことをろくに知らないのに批判的なコメントする人の気が知れない。

2:匿名2018年3月10日 22:11 | 返信

どこかしこで同じような問題が起きている原因は、どこにあるのでしょう。
オリンピック4連勝し、国民栄誉賞を受けた伊調馨選手が嘘をついているとは到底思えないのです。
又、4連覇出来なかった吉田選手がなぜあんなに脚光を浴びるのか、不思議でなりません。
吉田選手一人の力でここまで登りつめたのでしょうか?協会の後押しはなかったですかね。
伊調選手と吉田選手に対する協会の協力の差がありすぎる感があります。
通常4連覇は、3連覇より力が上です。一日も早く伊調選手の待遇改善をお願いします。

1:匿名2018年3月 7日 10:56 | 返信

TVの出てた関係者の話だと
田南部の娘まで犠牲になってるらしい
1位&3位が合宿に行き 2位の田南部の娘は合宿に呼ばれなかったとか
ここまで来ると《学閥&派閥》の イジメだろ
このハゲ~っ! チームジャパンのコーチなら私情をはさむな
メダリストや選手達を粗末に扱うな!
そんなつもりはなかったんですぅ~ と言い訳しても誰も信じないぞ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。