• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
HisaiPet_1.jpg
画像は「ANNnewsCH」より引用

 7年前の東日本大震災では、人間のみならず多くのペットたちも命を落とした。避難所でペットが受け入れられないため、被災地に置き去りにされて死んだ動物は数え切れない。ほとんどの家庭において、今やイヌやネコは家族同然だ。断腸の思いで諦めたという被災者の気持ちは察するに余りある。しかし一部には、大災害をペットとともに生き抜くことに成功し、そればかりかペットに“助けられた”という事例まで報告されている。危機的状況の中で大切なペットを助け、そして飼い主もペットから助けられるためには何が必要なのか、じっくり考えてみたい。


■大震災でペットはどのように扱われてしまうのか

 現在、日本でペットとして飼われているイヌは約900万匹、ネコは約950万匹。単純計算すると、全国で5~6世帯に1匹ずつイヌかネコが飼われていることになる。これだけ多くの人々がペットと暮らしていれば、大災害の時にどう扱うかは大問題だ。

 阪神・淡路大震災(1995年)では、イヌやネコの持ち込みが禁止されている避難所が多かった。その後、新潟県中越地震(2004年)、東日本大震災(2011年)などを経て状況は少しずつ好転し、熊本地震(2016年)では多くの飼い主がペットとの同行避難が可能だったという。しかしそれでも、世界有数の地震国であり災害対策で最先端にあるべき日本で、まだまだペットと災害に対する無理解が蔓延っている状況だ。

HisaiPet_3.jpg
画像は「ANNnewsCH」より引用

 たとえば東日本大震災の発生後、NPO法人「SORAアニマルシェルター」の二階堂利枝氏は被災動物シェルターを開設し、取り残されたイヌやネコたちを保護していたが、現地で遺体を捜索している人たちの前で「飼い主とはぐれたペットを探している」と話すと“白い目”で見られるなど、積極的に捜索できるような状況ではなかったという。


■災害時に飼い主を助けたペットたち

 災害発生時には、やはり飼い主がペットを助けることが最重要かつ当然だ。しかしその一方で直接的・間接的に、ペットに人間が“助けられる”ケースもあることは、あまり知られていないのではないだろうか? 以下に事例を紹介する。

コメント

3:匿名2018年3月11日 06:11 | 返信

ペットが震災時に飼い主を助けたエピソードは、映画にもなっているんだよ、百瀬。
知らないの?

2:匿名2018年3月11日 01:04 | 返信

タイトルしか読んでないけど、
百瀬死ぬん?・・・・・・

1:匿名2018年3月10日 23:59 | 返信

悲しいまとめだな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。