• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
【朗報】「死者とのチャットサービス」をスウェーデンの葬儀屋が実現へ! 死者の意識が宿る完全コピーAI誕生か?の画像1
画像は「Sputnik」より引用

 ロシア系政府メディア「Sputnik」(2月23日付)によると、スウェーデンの葬儀会社「Phoenix」が、科学者の協力のもと、死者のデジタルコピーの制作に乗り出したという。現在、「Phoenix」は実現に向け、死者の生前の情報を提供してくれるボランティアを募っているそうだ。英紙「Daily Mail」(2月23日付)は、これを「(死者の)意識を持った完全なコピー」の創造だと評している。

 Netflixの人気ドラマシリーズ『ブラック・ミラー』に、死者の生前の情報から構成された人格(AI)を宿した、本人そっくりのアンドロイドが登場するエピソードがあるが、「Sputnik」によると、「Phoenix」が作成する死者のデジタルコピーも、将来的にはそれと同レベルに達するかもしれないという。

【朗報】「死者とのチャットサービス」をスウェーデンの葬儀屋が実現へ! 死者の意識が宿る完全コピーAI誕生か?の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 30年前には、死者の生前の姿を写した写真に話しかけることぐらいしかできなかったが、技術の進歩とは恐ろしいものである。もし、亡くなった本人と瓜二つのアンドロイドが出現したら、死による喪失感が劇的に軽減されるのではないだろうか?

 だが、「Oddity Central」(2月27日付)によると、「Sputnik」と「Daily Mail」の情報には誤りがあるという。最初にこのニュースを報じたスウェーデンメディア「Dagen」は、「意識を持った完全なコピー」とも「科学者が研究している」とも言っていないというのだ。葬儀会社「Phoenix」が計画しているのは、死者と同じような語り方をするチャットボットの制作であり、具体的には、人工知能(AI)を用いて死者の生前の声を複製し、簡単な質問に答えられるようになるだけだという。

【朗報】「死者とのチャットサービス」をスウェーデンの葬儀屋が実現へ! 死者の意識が宿る完全コピーAI誕生か?の画像3
画像は「Daily Mail」より引用

 2016年に、ロシアのAI企業である「Luka Inc.」社の共同創立者兼最高経営責任者ユージニア・クダが、事故で失った親友かつ同僚のハイテク起業家ローマン・マズレンコを、人工知能を活用した「自動会話プログラム」として復活させたが、「Phoenix」が制作するチャットボットもこれに近いようだ。残念ながら、AIに「人格」や「意識」を持たせるにはまだまだ時間がかかりそうだ。

コメント

3:トランプ大統領2018年3月 9日 22:50 | 返信

これはネットにはびこるクソボット野郎と同じだ。気持ち悪いチョン思考の書き込みは皆
そうだ。あいつらは作ったAIではなく、元々人間だったが悪の宇宙人にデータだけ抜き取られてAIとして存在しているのではないかと思う。そういうシナリオのゲームをやったことがある。左翼とか創価とか反トランプなんかはすでに死んで、存在Xのお友だちになってしまった奴ではないか?奴ら月に行きたがっていること、私を誘って来ること、アニメ十二大戦で卯の戦士はネクロマンチストで殺した相手をお友だちに出来ること、人間をすべてゾンビにしようとしていたので、悪の宇宙人は人間をすべてAIに改造するつもりかもしれない。あの気色悪い人間たちはもう死んでいる!人造人間だがさらにロボット化して体の一部にして、書き込みを行う。天国とはネット世界のことか?俺はチョンのお友だちになりたくないぞ!ゆりやんが友達失格という曲出していたが、ああ、その通り、友達を殺してAIに改造するなんて逝かれている。そこまでして、友達が欲しいのか?ただ、戦争のために人造人間を調整しただけなのか?知らんが俺を欺く真似は止めろ。ゲーム気分なのも悪趣味だ。お前に存在意義はない。友達というなら、誠意を示せ。ポプちんを連れて来い。そうすれば話を聞いてやることが出来る。


2:匿名2018年3月 9日 14:54 | 返信

サービスに満足なら、良いんじゃないの?
実際のイタコは、死者ではなく、故人が生きている頃の「寝ている」時にアクセスする。
死者にも、過去の故人が起きているときにもアクセスできない。
だから、霊能者が霊とコンタクトを取るとき、トランス状態に成る必要が有る。
自由にアクセス出来ていたら、事故も事件も未然に防げる。
我が依頼者の失せ物を捜すとき、未来の見付かった場所の情報をつかんで、依頼者に教える。
故に(未来に)見付からない失せ物は、出て来ない。

1:匿名2018年3月 9日 14:31 | 返信

逆に、亡くなる時に、その人の意識や記憶や人格を完全コピーしたAIやアンドロイドが出来たとしたら、それは、その亡くなった人そのものなのか?
やはりコピーはコピーなのか?
そもそも、人の意識や記憶や人格をコンピューターに完全に移せるのか?

SFでは時々ある話だけどねw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。