• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180309_foodcart_02.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 近年、世界各地で感電死事故が頻発している。特に多いのが、浴室にスマートフォンを持ち込んだために起こる事故だ。ロシアのモスクワ郊外では今年、12歳の少女クセーニヤさんが浴室で死亡した。英紙「Mirror」などによると、クセーニヤさんはスマートフォンを浴室に持ち込んで音楽を聴いていたが、バッテリーが切れたために浴室の電源から充電しようとして感電死したと見られている。また昨年11月には、ベトナムの首都ハノイで14歳の少女レ・ティ・スアンさんがiPhoneを充電しながら就寝して感電死した。英紙「Mirror」などは、充電用ケーブルがアップル社の純正品ではなかったのではないかと報じている。となれば、スアンさんの死は粗悪品がもたらしたともいえそうだ。

 若者が感電死する痛ましい事故は、労働現場でも起こっている。インドのマディヤ・プラデーシュ州ディンドリで今月4日、ファーストフードカートを清掃中の若者3人が感電死する事故が起きた。死亡したのは、16歳の少年1人と21歳の男性2人。インド紙「Times of India」によると、2人の男性はフードカートの店員で、16歳少年は近所の飲料店から手伝いとして呼ばれていたという。

 海外の動画サイト「LiveLeak」には、事故の一部始終を映した動画が公開されている。カートを動かそうとしている5人の男性。水洗いの最中で、足場は濡れていた。そして1人がカートにつながっている電源コードを手で払いのけると、コードが切れてしまった。漏れた電気が足場の水たまり、そして金属製カートを伝って、カートに触れていた3人を感電させたのだ。次々と人が倒れて絶命していく様子は、悪夢そのものだ。

 なぜ、彼らは清掃前に電源からコードを抜かなかったのか? カートを電源とつないだまま水洗いしたら危険だということを知らなかったのだろうか? インドの事故は、浴室にスマートフォンを持ち込むのと同様、電気製品の不正な使用がもたらした悲劇といえそうだ。世界各地で発生している感電死事故を教訓に、我々も改めて電気製品の使用方法を見直す必要があるだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

3:匿名2018年8月14日 22:50 | 返信

前衛芸術を観ているようだった
本当に命がかかると美しく見えるものなんだな

2:匿名2018年3月10日 23:35 | 返信

>>1
ほんま設備適当でビックリするね
ネカフェとか工業用ケーブル持ってきて、そこから変圧器で家庭用電圧に変えてPCに繋いでるからね
足元に変圧器置いてたりするからマジ怖い、しかもコンセント焦げてるし・・・

1:匿名2018年3月10日 22:33 | 返信

インドの電圧は220Vのところが多いようだ。
やはり、感電での危険が高い。
>100Vで感電しても死ぬ確率はほぼ0ですが、220ボルトでは感電死する確率が相当上がります。
という記述もある。東南アジアとか設備も雑なんで気をつけたほうがいい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。