• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1803_cele_01.jpg
画像は、「梅宮アンナ」Instagramより

 お金持ち=セレブは誰にとっても羨ましいものであり、誰もが憧れるもの。お金を持っているに越したことはないが、一方で“セレブ”であることを匂わせると「自慢だ」「お金持ちアピール?」とバッシングを受けることも。意図的にせよ無意識にせよ、ちょっとした「セレブ発言」が炎上するタレントは多い。

 2月12日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、世間一般とはズレた認識を披露してしまったのが梅宮アンナ(45)だ。ある公立小学校がアルマーニ監修の制服を採用したことで批判が上がっていることを取り上げた中で、梅宮は「アルマーニ、大好きです私」とあっけらかん。小学校が銀座にあるため「その場所にあるからアルマーニになったと思う」と擁護しただけでなく、「普通の公立とはちょっと違う」とまで発言した。これにはコメンテーターの倉田真由美(46)が「公立校は公立校だから」と反論。ネット上でも「この人感覚がおかしいよね」「銀座だからって学校にドレスコードあるわけないだろ」と批判の声が溢れ返った。

 そこで今回は、梅宮のように何気ない“セレブ発言”が炎上してしまった芸能人を紹介しよう!


●安田美沙子

1803_cele_02.jpg
画像は、「安田美沙子」オフィシャルブログより

 まずは2014年に結婚したタレントの安田美沙子(35)。年商4憶円とも言われているデザイナーの“セレブ妻”となった安田だったが、2016年9月に放送された『アッコにおまかせ!』(TBS系)の中での発言が共演者に恥をかかせることに。

 番組の中で卓球の福原愛選手(29)が贈られた婚約指輪の話題になると、スタジオでも出演者の婚約指輪にまつわるトークに。出川哲朗(54)が「頑張りました。100万以上はしました」と明かしたのに続いて、安田は「たぶん、500(万円)前後」と告白。騒然となるスタジオに「分かんないです!」と繰り返した安田だったが、出川から「俺が頑張って100万以上って言って恥ずかしいわ!」とクレームを入れられる結果になった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。