• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■リズム0

0312mob-4.jpg
画像は「YouTube」より引用

 ユーゴスラビア出身のアーティスト、マリーナ・アブラモヴィッチは1974年、「Rhythm 0」と題した6時間のパフォーマンスを行った。その内容は「テーブルの上にある72個の物体を、望むままに私に使うことが出来る」というもので、責任は全て彼女自身が背負うとした。

 ギャラリーの中心に静かに立つアブラモヴィッチ。その前に置かれたテーブルには羽、バラの花、靴、ワイン、パン、ナイフ、ハサミ、カミソリの刃、弾をこめた銃など、彼女に対して使える物体が並んでいた。

 パフォーマンス開始直後、彼女に近づく者はいなかった。だが徐々に、水を飲ませたりバラを渡したりする者たちが現れた。ギャラリーの雰囲気は落ち着いていて、穏やかだった。

 だが、やがて彼女の服をハサミで切る男性が現れた。これをきっかけに参加者たちの行動は次第にエスカレートしていった。テーブルに鎖で縛りつけ、股の間にナイフを付きたてた。だが、彼女は抵抗せず、ひたすら作品に献身した。だが、服はずたずたにされ、カミソリで皮膚を切って血を飲む者まで現れ、さらには銃を突きつけられた。さすがに止めに入る参加者も現れて喧嘩となった。

 パフォーマンス終了後、半裸で血だらけになり涙ぐむアブラモヴィッチを、誰も正視できなかったという。後に彼女は「観衆は私を殺すことができた」と語っている。今もこの時に付けられた傷跡が残っているそうだ。

動画は「YouTube」より引用

 残念ながら、人間は集団になると残酷な存在になりうる生物だ。その心理の恐ろしさは現代のインターネット上でも日々垣間見ることができる。2014年のMITなどによる研究によれば、人間の脳の倫理と関係する領域は集団になると活動が鈍るそうだ。

 誰しもが群衆の中で理性を失い、暴力的な行動に走る可能性を秘めている。群衆の影響を逃れる術の一つは、自己の道徳観念を積極的に省みることだという。後になって「何であんなことをしてしまったのだろう」と後悔したくないなら、群集心理の恐ろしさを心に留めておくべきだろう。

(編集部)

参考:「Listverse」「YouTube」「Wikipedia」ほか

コメント

3:匿名2018年4月 6日 01:57 | 返信

集団心理の怖さを取り上げてるのにわかんないの?
一部の馬鹿がクズな事すると似たような知遅れが真似し出すのは何よりも恐いことだろうが

2:匿名2018年3月13日 12:33 | 返信

虐殺事件の記事に球場の話って必要?最近の記事、関係ない事柄まぜるの多くて読みづらいです

1:匿名2018年3月13日 02:27 | 返信

「自身のTwitterやInstagramに「みなさんのパワーが伝わってきてわたし自身は貴重な経験をさせてもらえました」とコメントを発表する神対応を見せた」とあるけど、これ神対応と言ってしまうのは違うと思います 嫌なことを嫌だと言うのは当たり前の権利ですから、被害者が加害者に気を使うことを神対応と呼ぶのはちょっと.....

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。