>  >  > 野良犬8匹に噛み殺された18歳少年が悲惨すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180316_dog_01.jpg
画像は、「Neurod」より

 ロシアでは野良犬が深刻な社会問題となっている。米メディア「TheRichest」によると、首都モスクワだけでも約3万5千匹もの野良犬がいるという。野性的な野良犬は夜になると人間を避けて徘徊し、夜道を1人で歩く人々を怖がらせている。また、モスクワの地下鉄構内には、約500匹もの野良犬が生息しているとか。その中の約20匹は、ねぐらである郊外から餌場の繁華街まで通勤しているというから驚きだ。SNSで拡散された写真を見る限り、地下鉄に乗車する野良犬はおとなしそうである。しかし、それらの多くは危険な存在であり、ロシアでは野良犬による襲撃事件が年間2万件も発生しているという。

 そんな野良犬による凶悪事件がモスクワのクルサコヴォで続けざまに発生した。英紙「The Sun」(今月12日付)によると、深夜に友人宅へと歩いて向かっていたオレグ・シュシュノフさん(18)が8匹の野良犬に襲われたという。彼は野良犬に数十回噛まれ、出血多量で死亡した。彼の遺体は全身血まみれで、衣服も引き裂かれており、悲惨な最期を遂げたことを物語っている。シュシュノフさんの彼女は妊娠しており、彼はまもなく一児の父となるはずだった。しかし、野良犬たちによって、明るい未来を奪われてしまったのだ。

 シュシュノフさん襲撃の様子は、近所のカフェに設置された監視カメラに映っていた。事件当時、カフェは閉店しており、付近には誰もいなかった。シュシュノフさんの叫び声を聞いた人もいなかったという。

 そして、この事件から4時間後、同じ村でクリスティーナ・ロストバさん(24)が1匹の野良犬に襲われた。彼女は頭と顔に大きな傷を負い、髪の半分を引き裂かれ、片耳を食い千切られた。彼女は地元の男性に救出されたという。

 ロシアの野良犬の凶暴さは、他の事件からもうかがえる。チュメニ州のハンティ・マンシ自治管区・ユグラで昨年6月、泥酔した男性が野良犬12匹に襲撃されて死亡する事件が起きた。海外の動画サイト「LiveLeak」で公開された事件の映像には、フラフラした足取りの男性に野良犬たちが群がり、押し倒して食い殺す様子が収められている。「たかが野良犬」と侮っていると、あっさり命を奪われてしまうのだ。ロシアの町を歩く際は、野良犬対策も必要である。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

4:匿名2018年3月20日 18:11 | 返信

やゃぱり野良犬の方が鼻が利くのかな?

3:匿名2018年3月19日 03:07 | 返信

犬は常に上下関係を比べてる 人が思うよりかなり力が強い
遊びでも噛まれたら殴る 興奮して本気で噛んできたらボコボコにする 
これが正しい犬の育て方 勘違いしたアホが日本でも結構大怪我したり死んでる

2:匿名2018年3月18日 23:42 | 返信

これはキツイな
可哀想に
ご冥福をお祈りします。

1:匿名2018年3月18日 23:40 | 返信

これはキツイな
可哀想に
ご冥福をお祈りします。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?