>  > 超大物関係者が暴露する「高松宮記念」の極秘情報も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

競馬

keiba0319.jpg
盛りだくさんのコンテンツがすべて無料!


 ここ数年急激に成長し注目を集める競馬だが、その楽しみ方がまだわからないとい人も少なくないようだ。そこで今回は競馬のイメージを180度変える、今までにない楽しみ方と豆知識を公開したいと思う。

 今週末の日曜日から春のG1シーズンが開幕するが、とにかく今年の競馬は話題が豊富だ。誰もが聞いたことがある有馬記念や日本ダービーといったレースは、競馬において最高ランクのグレードであるG1レースという位置付け。ダート、短距離、中距離、長距離、3歳牝馬限定、3歳馬限定、2歳馬限定など様々な路線があり、それぞれの最強馬を決めるレースである。

 今週日曜に中京競馬場で行われるのは春の短距離王決定戦である高松宮記念(G1)だが、1200mという距離を1分9秒ほどで走るのだからさすがにサラブレッドは早い。また来週の3月31日には中東にあるドバイで国際レースがあり、日本からは日本ダービー馬レイデオロや武豊騎乗のアウォーディー、昨年勝利した大魔神こと元プロ野球選手佐々木氏がオーナーであるヴィブロスなどが遠征する。アウォーディーが出走するドバイワールドカップの優勝賞金は600万ドル(1ドル100円で6億円)というからケタ違いのレースだ。

 また来週は春の古馬王者を決める大阪杯があり、サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、スワーヴリチャード、アルアイン、ゴールドアクターやペルシアンナイトといった実力馬が出走を予定。キタサンブラックが不在でも遜色ない豪華なメンバーが見込まれている。その翌週は3歳牝馬クラシックの桜花賞、皐月賞へと続いていく。この桜花賞には4戦4勝のラッキーライラック、皐月賞にも同じく4戦4勝のダノンプレミアムが出走するが、今年は出走馬のレベルが高く今から注目を集めている。

 競馬場に行けば女性向けのスポット「UMAJO」で有名パティシエによる競馬場オリジナルスイーツが楽しめ、様々なオリジナルグッズのプレゼントもある。さらに全国の有名店舗が集まるグルメイベントも毎週開かれ、スイーツフェアもあれば地方や地元の物産展があり、ファミリー向けの遊具や無料の乗馬体験など盛りだくさん。競馬場は一大レジャースポットとして定着しているのだ。

 そんな競馬を楽しむ方法は大きく分けて三つ。現地で生のサラブレッドとレースを観戦しながら、競馬場のイベントや施設を体験すること。次に競馬予想を極めて馬券の的中を目指すこと。最後に競馬関係者と触れ合い、騎手や調教師のコラムやSNSで生の声を聞くことだ。若手騎手はイケメンも多くしかも高収入。騎手1年目で1000万円を超える報酬を手にすることも珍しくなく、そういった若手騎手の追っかけも見られるほど。


■全コンテンツ完全無料なのに、圧倒的充実度のサイト

 そんな中、最も多くの競馬ファンが利用しているのではないかと思われるのが、全コンテンツ完全無料の競馬ポータルサイト「競馬ラボ」だ。この競馬ラボはスポーツ紙や大手の競馬サイトと違い、G1特集も予想も情報もデータもコラムもニュースもSNSも何もかもがすべて無料。しかもメールアドレスのみの登録で利用でき、他の個人情報は一切不要というのだから凄い。

 そのコンテンツは他の有料サイトを圧倒する充実度を誇り、365日ほぼ毎日更新、まったく飽きることなく競馬を楽しむことができる。中でも必見のコンテンツはこの春にピッタリの「G1総力特集」だ。その週に行われるG1レースを徹底解剖するこの「G1総力特集」は、関係者への直撃インタビューや出走馬の馬体診断、コースデータの分析や有名血統評論家水上学による血統分析など読み応え十分のコンテンツが盛りだくさん。

 その中でも競馬ファンから絶大な支持を集めているのが、大物競馬関係者によるレースの最終見解が記された「メガ盛り競馬新聞」だ。そのメンバーは元JRA騎手で数々のG1レースを優勝したアンカツこと安藤勝己、ハイセイコーでオールドファンにはお馴染みの元JRA騎手・調教師である増沢末夫、名馬タマモクロスの調教師小原伊佐美、ラジオ日本などで活躍する元JRA騎手の谷中公一などいずれも競馬界で名をはせた競馬関係者達。アンカツはツイッターのフォロワー数が競馬関係者最多の17万5000人を超えるように、誰もが注目する存在。そんなアンカツのG1レース最終見解が見られる競馬ラボの「メガ盛り競馬新聞」は競馬ファンでなくても必見のコンテンツといえるだろう。ちなみに今年行われたG1レースのフェブラリーステークスは、アンカツが選んだ馬が上位を独占と見事な結果となっており、今週の高松宮記念も注目だ。

keiba0319-2.jpg
高松宮記念の最終見解は?

 さらに競馬ラボではトップジョッキーの戸崎圭太を筆頭に、柴田大知、柴山雄一、高田潤といった人気騎手の独占コラムも掲載。競馬だけでなくプライベートに関するトークもあり、これはオススメ。インタビューで戸崎圭太騎手が平昌オリンピックでカーリングに注目し、「そだねー」と答えているあたりは思わず笑みがこぼれたほど。

 他にも人気タレント今井りかの【りかのスーパーホースを探せ】や、安田美沙子の【美沙子のコレ買います】など、ウマジョのパイオニアによるG1レース予想(いずれもフェブラリーステークスを的中とお見事!)も人気コンテンツで必見。さらに紹介しきれないコンテンツ(裏話的コラム、インタビュー、データベース、プレゼントなど)が数多くあり、また定期的に新しいコンテンツも追加されているようだ。

 また「どこよりも情報が早い」と話題の公式ツイッター、限定予想がとにかく当たるLINE@、iPhoneからの馬券投票が簡単スムーズにできる馬券投票アプリ(らくらくIPAT)など競馬ラボが提供するサービスも必見。そして4月2日(月)には馬券攻略本の発売を記念して「生うまトークサミット」(東京カルチャーカルチャー)を実施。これはアンカツや元プロ野球選手の山本昌、現役騎手の北村宏司と松岡正海が出演する豪華なイベントとなっている。競馬ラボほど多方面で活動しているサイトはないだろう。

 今週から始まる春のG1シーズンを目一杯楽しむには、完全無料の競馬ラボがあれば十分。他のサイトやスポーツ紙はいらない。まずは高松宮記念の「G1総力特集」と「メガ盛り競馬新聞」を隅々までチェックしよう。

CLICK→「高松宮記念 全てのコンテンツ完全無料」 競馬ラボ

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年3月25日 08:26 | 返信

TOCANAの運営資金が
競馬の配当金で すべてまかなえてるんだったら
この記事を信じてもいいぞ(笑)

2:匿名2018年3月24日 11:39 | 返信

競馬ラボクソサイトやんけ。

1:匿名2018年3月23日 23:55 | 返信

予想サイトへの誘導記事か。最低だね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。