>  > 石原さとみ激似!? 美人警官が大乱闘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 台湾で、女優・石原さとみに似ていると話題になっている女性警官がいる。25歳の周瑜さんは、国立屏東科技大学動物科学・畜産学科を卒業後、台中市育才派出所に配属され、ようやく8カ月になる新米警官だ。7,000人以上のフォロワーを抱える自身のインスタグラムでは凛々しい制服姿を披露し、マニアを喜ばせている。

 しかし、アイドルのたまごがコスプレしているだけのようにも見えるため、かねてから「彼女は本当に警官なのか?」という職業詐称疑惑が持ち上がっていた。ところがここにきて、その疑念が一気に晴れることになったのだ。

「東森新聞」(3月13日付)などによると、11日夜、台中市北区の繁華街で乱闘騒ぎが勃発。原因は2台のクルマによる運転トラブルだったが、なぜか20人以上が大乱闘になる騒動に発展。すぐに30名ほどの警官が現場に駆けつけた。


乱闘を抑えるため、勇敢に立ち向かっていく周さん
 結局、22名が連行される“大捕物“となったが、男たちに混じって、なんと周さんが現場にいたことがわかったのだ。野次馬が携帯で撮影した動画をインターネットに投稿し、それを見たユーザーが周さんの姿を発見! 周さんが男を抑え込む姿に喝采の声が上がった。


インスタグラムでは、同僚と美脚を披露する画像もあった


 今回、晴れて周さんが本当の警官だということが証明されたが、そもそも制服姿をSNSに投稿して、当局からなんのおとがめもないことは、日本の通念から見て驚きに値するが、こうした投稿をしているのは周さんだけではない。2017年1月には、保安警察第四総隊に配属されたばかりの女性警官の画像がインターネット上の掲示板に投稿された。そこには制服姿だけでなく、水着画像まで。ネットでは「俺を逮捕してほしい。なぜなら、君の心を盗むからだ」「犯罪率が上がっちゃうよ~」など、彼女にメロメロになった男たちの書き込みが殺到した。


2017年に投稿された別の女性警官の姿。掲示板に投稿され話題に

なんと水着姿のサービスカットまで披露する女性警官も
 美女たちの奔放な投稿を許すなんて、台湾警察はなんて寛大なのだろう。今後もぜひアイドル警官を発掘してほしいものだ。
(文=中山介石)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。