>  >  > 【心理テスト】“選んだ曼荼羅”で分かる「あなたの特殊なパワー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

心理テスト

,

曼荼羅

 曼荼羅はサンスクリット語で「円」を意味し、鮮やかな色彩と対称的な幾何学模様を通して宇宙の様々な側面や混沌とした調和を描いている。ヒンズー教や仏教における霊的・儀式的なシンボルというだけでなく、曼荼羅は宇宙と人間の精神を示す雄弁な象徴なのだ。

 さて、曼荼羅はあなたの内なる真実を明らかにする力を秘めている。下の6つの曼荼羅のうち、どれか一つを直感で選んで頂きたい。そのシンボルはあなたを決定付ける力を明らかにし、その力がどのようなものかを暗示しているのだ。

0319mandara-1.jpg
画像は「The Mind Journal」より引用

1. 破壊者

 この曼荼羅は左回りの「卍」を表している。卍は太古から多くの宗教で用いられてきたマークであり、幸福や繁栄を意味するおめでたい印でもある。

 一方、左回りはその力が破壊的なものであることを示している。だがこれは否定的な意味ではなく、新たなものを創造する前提となる破壊を表している。あなたの進化を妨げる、ありとあらゆる不都合だったり不必要だったりするものを取り除き、新たな道を開くための力だ。破壊の力はあなたにとって有益である。

2. 五番目の元素

 二番目の曼荼羅は自然の四大元素を元に描いた曼荼羅である。私たちの力はこれらの調和によって生まれている。第五の元素は「魂」であるが、この絵には欠けている。あなたの力はいつまでも変わらぬ愛と結びつきであるが、自然の元素とつながるための魂も必要だ。魂の軽視をやめて、元素の釣り合いを取り戻そう。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年3月20日 10:20 | 返信

上から見て、左回りの気を練ると霊力が高まります。と言うか、
魂が使う「霊力」を実際に使うのは、肉体ではなく、気で作り出した「幽体」と成ります。
惑星も、北を上に左回り
実は惑星も霊力で、地球の生物が棲める環境を維持しています。
なので、
古い言葉で、幽体を「アストラク・ボディ」霊力を「アストラル・パワー」と表現しています。
逆回り(時計回り)を「チャクラ(逆螺)」と言います。
古い言葉で「ニビル」と言うのは「金星」の事で、自転が右回りの金星を観察すれば、
右回りの「具体的な効果」を見る事が可能となります。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。