• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 お天気お姉さんといえば、朝の情報番組などで、明るい笑顔を振りまいて、その日の天気をお知らせすることで、出勤前のお父さんたちにとっての一服の清涼剤的な存在となっている。

 これまでにはアイドル並みの人気を誇ったお天気お姉さんもいたが、本家のアイドル同様、やはり厳しい世界のようで、いつの間にか消えてしまったり、中にはアダルト方面に進出したりする者もいるなど、その入れ替わりは非常に激しい。

 ところがお隣の国・中国では、一人の女性が23年間にわたってニュース番組のお天気お姉さんを務めているとして、最近話題となっている。しかも、それだけではない。デビューから23年もの年月がたっているにもかかわらず、その容姿がまったく変わっていない、いや、以前よりも若返っているというのだ。

 このお天気お姉さんの名前は、楊丹さん。1973年11月生まれの44歳だという。楊丹さんは1996年から現在まで変わることなく、中国中央電視台の番組で天気予報を伝えている。ちなみに中国に「天気小姐(お天気お姉さん)」などという言葉はないようで、天気予報を伝える人は「天気預報主持人」と呼ばれている(主持人=司会者)。

 国際女性婦人デーである3月8日にネット上でアップされたビデオ映像では、23年間に及ぶ楊丹さんの天気予報番組がダイジェストで映し出されており、これを見た中国のネット民たちは、見慣れた顔のこの女性に改めて感嘆の声を上げている。

「俺たちはみんな彼女を見て育ってきたんだよなあ」

「俺は年取ったのに、なんで彼女は年を取らないんだ!?」

「年を取らないどころか、むしろ前より若くなってないか?」

 楊丹さんはテレビデビューから1年後の1997年には結婚しており、その4年後には出産も経験している。しかし、その後もお天気お姉さんの仕事は続け、変わらぬ容貌で中国の天気予報を届けてきたというわけである。そのため今では、中国のネット民たちは彼女のことを「凍齢女神(年を取らない女神)」などと呼んでいるという。

 果たしてこれから何年間、その美しい容姿を保っていくことができるだろうか。
(文=佐久間賢三)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。