>  >  > 胎盤でチョコレートを作る動画が大炎上!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180321_taiban_01.jpg
画像は、「YouTube」より

 胎盤は、妊娠した女性の子宮内に形成され、母体と胎児とを連絡する役割を担う器官だ。出産後、臓器としての役割を終えた胎盤は母体外に排出されるが、これを廃棄物とするのではなく利用する人々もいる。最近では、NBA選手のトリスタン・トンプソンさんの子どもを妊娠しているコートニー・カーダシアンさんは、胎盤をサプリメントに加工して摂取するつもりだという。彼女のように胎盤を摂取する「胎盤食」は、多くの哺乳類で見られる行為だ。一方、人類にとって胎盤食は一般的とはいえない。しかし、中国では、乾燥させた胎盤は「紫河車」と呼ばれ、漢方の生薬として古来より利用されてきた。また、近年では、胎盤成分を含有する医薬品などが「プラセンタ」として市場に流通している。

 こうした胎盤利用の効果については諸説あるものの、妊娠中の女性を中心として、産後うつや妊娠合併症を予防し健康を維持できると信じられている。そんな中、胎盤でチョコレートを作る過程を映した動画が今月、SnapchatやFacebookなどで公開されて話題となった。

 英紙「The Daily Mail」によると、米ジョージア州出身の美容師、カイリー・ウイットウォースさん(23)は、息子のサミュエル君を出産後、胎盤食の専門家、マリサ・ピーターソンさんを招いてチョコレートの作成を依頼したという。動画は、チョコレートの材料となる胎盤が台の上に置かれているシーンから始まる。マリサさんは、蒸した胎盤を、ステーキのように切り分ける。肉片はへその緒と一緒に扇風機の上に置かれた。一晩かけて乾燥させたそれらは、ミキサーで粉々に砕かれる。胎盤の粉末の一部はオレオクッキーと混ぜ合わせてトリュフとなり、残りはハート形のチョコレートとなった。トリュフはホワイトチョコレートに包まれて、いよいよ食べる準備が整った。実際に胎盤チョコレートを食べたカイリーさんは、「美味しい!」と言って親指を立てたのだった。

 この動画は公開後何千回もの視聴回数を記録し、視聴者からのコメントは賛否が大きく分かれた。このことに対して、カイリーさんは次のように述べている。

「動画を批判する人々はもちろんいます。彼らは『胎盤を食べるなんて気持ち悪いし、カニバリズムだし、自分自身を食べているということだ』と言います。でも、私は、彼らが無知なだけだと思っています。私は今、とてもたくさんの好意と支援を受けています。私の受信ボックスは、同じように胎盤を食べてみたいというメールであふれ返っているんですよ。ほとんどの哺乳類は胎盤を食べますが、この事実には明らかに理由があるはずです。そんな胎盤食にどうしてチャレンジしてはいけないのでしょうか?」

 一方で、カイリーさんは「胎盤食を自分でやろうとしてはいけません。きちんと訓練を受けた専門家に依頼しないと、間違った胎盤食が行われることになって、却って体調を崩すことになりかねません」と警告する。カイリーさんの動画は、安全な胎盤食を普及させようという啓蒙的な意味も含んでいるのだろう。胎盤食をはじめとした胎盤利用について、この動画から学べることは多いのではないだろうか。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

4:匿名2018年3月24日 17:58 | 返信

日本でも産婆が主流だった昭和初期頃までは普通に食ってたって聞くわ
胎盤をたべると体力の回復と母乳の出がよくなるってことで
出産の後の母親に自分の胎盤を無理矢理食べさせたてたって

3:匿名2018年3月24日 10:37 | 返信

胎盤食の是非以前にこんなものをチョコに混入しようと考えたことが怖い
自分だけが喰うならいいけど、まさか他人に食わせたりしていないだろうな

2:匿名2018年3月23日 14:55 | 返信

手の込んだヤンデレが作るチョコレート

1:匿名2018年3月23日 00:33 | 返信

血なまぐさい人肉チョコなんて 絶対嫌だ!
充分な加熱もしてない不衛生な人肉で 食中毒や感染症おこしたら…
「ざまみろw リスク承知で好きで食ったんだろ」と言ってあげよう


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?