• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
【悲報】ビットコインが違法に!? 大量の児童ポルノがBTCのブロックチェーンで発見! 全ユーザーが児ポの単純所持にの画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 ビットコインの取引の健全性を保障しているのが、中核技術のブロックチェーンである。ブロックチェーンでは、取引を記録する台帳が分散された状態で共有されるため、たとえビットコインの運営会社の残高記録が改ざんされたとしても、多数の分散されたネットワーク上に同期された記録が残っているので改ざんはすぐにバレてしまう。


■ブロックチェーンに“削除不可能”な児童ポルノが隠されていた

 だがこの度、健全性が売りのブロックチェーン内に児童ポルノが隠されていたことが明らかになった。英紙「The Guardian」(20日付)によると、ドイツ・アーヘン工科大学の研究者らが、ビットコインのブロックチェーン上に保管されている1600のファイルを調べたところ、8つの性的なコンテンツが含まれていることが判明。うち1つは児童ポルノと思しき若い女性のヌード画像、2つは142のダークウェブ上のサイトへのリンクなど、274の児童ポルノサイトへのリンクが含まれていたという。論文「A Quantitative Analysis of the Impact of Arbitrary Blockchain Content on Bitcoin(ビットコインにおける恣意的なブロックチェーンコンテンツのインパクトに対する定量分析)」によると、発見された2つの性的な画像は、疑わしい取引を見つける特殊な検知器で発見されたため、一般的なサービスで挿入されたものではないそうだ。

【悲報】ビットコインが違法に!? 大量の児童ポルノがBTCのブロックチェーンで発見! 全ユーザーが児ポの単純所持にの画像2
画像は「Thinkstock」より引用

 ブロックチェーンは基本的に取引の台帳として機能しているが、2015年のインターポールの調査では、ビットコインのブロックチェーン内に結婚写真、Eメール、チャット履歴、暗号キー、ウィキリークスのデータなど、わずかではあるが取引に関係しないデータが含まれていることが明らかになっていた。

 また、米紙「New York Post」(21日付)によると、ブロックチェーンは恒久的で不可逆な台帳であるため、今回発見された児童ポルノのデータさえも削除することが不可能だという。ブロックチェーンの健全性が裏目に出てしまった最悪の状況だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。