>  > 鳩山元首相、中国学生に指導力を説く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 先日、Twitterに島根県・竹島について「米国は2008年に韓国領と決めた」と投稿し、炎上騒ぎとなった鳩山由紀夫氏。この件で「そういえばそんな人いたな……」と、氏を思い出した人も多いだろう。そんな鳩山氏が、今度は中国で話題となっている。

「中新網」(3月15日付)によると14日、鳩山氏が北京師範大学新興市場研究員の特任教授に就任し、「発展途上国修士コース」の学生46名を前に講演を行った。

 その演題は「指導力」。1年も持たずに総理大臣を辞任した人間が指導力を語るとは、ギャグのつもりだろうか。

 講演の中で鳩山氏は、自身が提唱した「東アジア共同体」構想は「一帯一路」政策と方向性が同じであるとしたうえで、「経済発展は重要だが、戦争になったらすべてが烏有(うゆう)に帰す。和平の方が重要だ」と主張したという。


46名の学生を前に講演を行った鳩山氏

学生との記念撮影
 一帯一路政策は、中国企業が海外で利益を上げるための政策にすぎないという見方もあり、事実、中国の海外軍事拠点を拡大させる側面も持っている。それを「和平」に結びつけるには強引すぎる気もするが……。

 さらに鳩山氏は『論語』を引用して「リーダーにとって最も重要なのは“道”である」と述べているが、日本人が聞いたら、大半の人が「お前が言うな!」と突っ込みたくなるだろう。

 しかし中国では「とてもいいことだ」「中国との友好を主張する人を支持する!」など人民から歓迎の声が上がっている。ちなみに鳩山氏は、2016年にも西安交通大学の名誉教授に就任している。

 日本ではすっかり世間から忘れられた感のある鳩山氏だが、中国では「腐っても元首相」ということなのか。
(文=中山介石)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年3月27日 19:30 | 返信

トカナ自体がツッコミどころ満載なんだが(苦笑)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。