• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

エイリアン

,

ミチオ・カク

,

映画

,

科学者

 地球外からやってくるエイリアンは一体どんな姿をしているのだろうか? オカルト好きなら一度ならず考えたことのあるテーマだが、この問いに答えるのは科学者でも難しい。SFや宇宙に関する情報サイト「Outer Space」では、この問いの難しさと面白さについて分析している。

0326alien-3.jpg
ミチオ・カク氏。画像は「Wikipedia」より引用

■予測の難しさ

 エイリアンの姿を考える上で最大の問題は、私たちが地球上の生物しか知らないことだ。もちろん、地球上にはクジラにトカゲ、クラゲや鳥など多種多様な生物が生きている。だが、我々が歩まなかった道を選んだ生命を想像するのは難しいことだ。エイリアンの姿を考える時、地球上の生物の姿に近づけてしまうのは仕方のないことである。

 また、映画やアニメといったフィクションの影響も無視できない。私たちは『エイリアン』シリーズ、『ET』、『ウルトラマン』などなど、恐怖や不安、または愛着など、様々な感情を想起させる数多くのエイリアンたちを知っている。数多くの名作に登場するキャラクターたちは、我々の脳に強いイメージを残している。

0326alien-2.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 しかし、私たちは地球上の生物に基づいていないエイリアンのデザインを示されても、それを信用できないだろう。実際、フィクションに出てくるエイリアンの姿は地球上の生物に基づいている。映画『エイリアン:コヴェナント』など数多くのSF映画でVFXを監修するチャーリー・ヘンリー氏は、エイリアンのデザインは人間など地球上の生物を参考にしていることを認めており、地球上の生物を基にしないと実際には商業的な部分をはじめ、様々な問題にぶち当たると話している。

 全く知らない環境や世界に生きる生物を予測することはとても難しいのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。