• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
0327salt-1.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 気候変動は現代を生きる全人類にとって重要な課題の一つであるが、その解決策の一つとして驚くような方法が提案された。空に塩を撒いて太陽のエネルギーを宇宙へと反射しようというのである。今月26日付の英「Daily Mail」が報じている。


■炭素排出量コントロールの限界

 地球の気候を変動させる要因としてよく取り上げられ、対策が叫ばれているのは炭素排出量である。規制の対象として真っ先に槍玉に上がるのは燃料や輸送、重工業といった分野であるが、最近ではスマートフォンの普及により、コンピュータ関連分野からの炭素排出量の割合が急激に増加しているという研究もある。ニュースサイト「The Conversation」の今月26日の記事によれば、この分野からの炭素排出量は2040年には排出量全体の14%を占めるまで増えると予想されているという。

 だが、トランプ米大統領をはじめとして、炭素排出量のコントロールによる気候変動対策に消極的な声は根強い。温室効果ガスを減らす地球規模の取り組みが失敗し、その結果、気候変動が大きく進行してしまったら……。そんな事態に備え、米国惑星科学研究所(PSI)の上級研究員ロバート・ネルソン氏は大胆なアイデアを発表した。なんと、地球の大気中に塩をばら撒き、太陽からのエネルギーを反射し、宇宙に戻してしまおうというのである。

コメント

2:匿名2018年6月 3日 17:28 | 返信

穀倉地帯に塩害起こしたらどうすんの?

1:匿名2018年6月 2日 09:52 | 返信

塩万能説!

厄介な霊も駆除出来るし

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。