>  > 上司を「ブードゥ人形」で呪うと職場のモラルが超向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 呪いたい人物を人形に見立て、人形の体を針で突き刺すと“対象”であるその人物も苦しみだすという、“呪いの人形” として有名なブードゥー人形だが、なにやら後には引けない恐ろしさと怪しいイメージが先行していることもあり、実際に実行に移すにはなかなかの勇気が必要だろう。

 だが現代の超ストレス社会において、時にブードゥー人形がその解消に役立つ、上手な活用方法があるらしい。

voodoodolls1.JPG
 「Telegraph」の記事より

■“上司ブードゥー人形”でストレス解消

 特にストレスがたまる職場においては、ブードゥー人形をいけ好かない上司に見立て、怒りや不満を人形にぶつけることで仕事のパフォーマンスが向上し、部下の士気そのものを上げることができるという、驚きの研究結果が出ているという。

 カナダのウィルフリッド・ローリエ大学のリンディー・H・リャン博士(心理学) はこの検証のために、職歴を持つ約400名の参加者を募集。

 初の実験では、フルタイム勤務の195名を2つのグループに分け、それぞれこれまでに上司から受けたことのある否定的なコメントや乱暴な仕打ち、仕事を認められなかった等つらかったことを思い浮かべるように依頼した。

 そして片方のグループにはブードゥー人形を用意し上司に見立て、ピンやペンチ、ロウソクの火を使用して報復しても良い、と指示を与えたのだが、彼らは人形を用意しなかったグループと比較し、自分が不当に扱われたというマイナスの感情を著しく正常に戻すことが判明したという。つまり、“象徴的な復讐”を行うことにより、不満を低下させられることがわかったのだ。

コメント

3:トランプ大統領2018年3月30日 19:21 | 返信

なんだ?この俺を呪うだと?
こんなくだらないことで、いい気になっている低脳さは能無しの証拠だ。
いい大人がまるでガキのような幼稚さだ。
恥ずかしくも感じないのだろう。
アメリカでは、これは立派な脅迫という犯罪行為になる。組織的にやっているとしたら、更に罪は重い。
これが、効果があるというのは能無しの社員だけで、生きるに値しない人間のみだ。
擬似的に殺したいのだろうが、それは妄想であり、習慣になれば危険な精神状態になりかねない。人形では飽き足らず、ねこを殺すようになる。そして最後には実際に人を殺して満足したくなるのだ。そんな犯罪傾向の強い人間となってしまう非常に危険な行為だ。
そんな社員は即刻、解雇にしなければならない。言っておくが呪いとか文明的ではないぞ?カルト教団に入っているのか?私を呪うと跳ね返って何倍にも地獄を味わうことなる。因みにフィリピンの麻薬取り締まりで死んだ人間は解雇になった人間だ。駆け込んで刑務所に入った者はクビになる前に自首退社しハローワークに逝った人達だろう。普通はあのようになるが、私は親切である。貴様らのような不良社員でも退職金を出してやろうではないか!しかも就職先も用意してやる。そう!この鉛玉で天国に逝くがいい!You 're fired!!

2:匿名2018年3月30日 13:03 | 返信

外国がブードゥー人形なら 日本はワラ人形かw
呪いの人形があちこちに いっぱい打ち付けてある職場www 
ブラックよりも暗黒 こんな職場は嫌だ(笑)
わら人形は 正式な時間・場所&樹木を選ばないと 呪い返しで自分が殺られるんだぞ


1:匿名2018年3月30日 12:22 | 返信

人を呪わば穴2つ
ということわざもありますが、「罪を憎んで人を憎まず」という言葉もあるように
呪うことよりも感謝や発展の祈りを当てたほうが自分にもそのように返って来るのではないでしょうかw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。