>  >  > モンサントとバイエルの合併でマリファナ種子独占へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
MandA_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 健康志向者が増えているアメリカでは、多くの国民が、遺伝子組み換え食品や農薬の質について過敏になっている。特に、こうした部門で有名になったアメリカのモンサント社や、ドイツの医療大手バイエル社に対して警戒心を持つ人も少なくない。


■バイエルによるモンサント買収の裏事情

 2016年9月、この2社のM&Aが発表され、その内容はバイエルがモンサントを660憶ドル(約6兆8000億円)で買収する、というものだった。

 通常、M&A後の新体制下では、買われる側の企業の方が弱い立場にあると見られがちだが、健康志向者の間では、モンサントにしてみればこのM&Aは「不健康かつ不穏な」独自路線を貫ける絶好のチャンスなのだろう、と皮肉な意見が出てくる有り様だったという。どういうことか?

gmocannabis1.JPG
画像は「Wikimedia Commons」より

 もともとモンサントは、健康志向者から「環境最悪企業」と揶揄されるほどのマイナスイメージを抱えていた。ところが、そのモンサントにしてみれば、世界を代表する医療企業に買われることにより、今まで着ていた古服を脱ぎ捨てて衣替えできるというメリットがある。モンサントは別の会社に買われることにより、過去のイメージから脱皮でき、新たな着ぐるみに身を包みながら、今までできなかった分野に手を出せるのだ。

 オルタナティブ系メディア「Collective Evolution」によると、医療業界ビッグ4に君臨するバイエルに買われることを選択したモンサントの本音は、「今後は医療という大義名分に乗っかって、ビッグ4の世界市場の支配力を使いながら、今まで以上に幅広く大麻ビジネスをしたい」というものだという。さらにモンサントの背後には、陰謀論界隈で有名なあの「ロックフェラー一族」がいるという事実もこの合併の“不気味さ”に拍車をかけている。

 なにしろ、大麻という商品は、免罪符ともなる「医療用」として展開できる側面と、単に大麻を吸いたい潜在消費者の購買意欲を刺激できる側面を併せ持つ。世界大手の医療企業のマーケティング力を頼りに「医療のため」との看板を掲げ、世界のあちこちで合法的に大麻を売ることができる。モンサントに限らず、大麻ビジネスを推し進めたい企業にとっては、医療企業とのM&Aは格好の方法だろう。

コメント

2:匿名2018年4月 2日 13:58 | 返信

遺伝子組み替えで
全く《麻薬成分を含まない大麻》ができたら
繊維としての 加工のしやすさは格段にUPするぞ(笑)

1:匿名2018年3月29日 16:51 | 返信

ブラウザのヘッドラインに上がってたから読んでみたが、疑問形でここまで書くか。

俺は農業者だけど、農業やってりゃモンサントやバイエルクロップサイエンス周りのゴシップが眉唾なんてすぐバレる。

例えばラウンドアップでGMしか生えなくなるとかな、だったら畦畔除草要らんわな。
遺伝子組み換えの話もセラリーニ教授の活動家っぷり見たら相手にするのもアホらしくなる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。