>  >  > 血まみれの肛門から取り出される巨大ナス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180330_eggplant_01.jpg
画像は、Darin McClure #VRGreenFarms my baby can cook her eggplant/from Flickr CC BY 2.0

 昨年12月、岐阜県岐阜市にて長男(生後3カ月)の肛門にシャワーの湯を注入し、大腸の一部を破裂させる重傷を負わせた父親(21)が再逮捕された。父親は、「泣きやまないことに腹が立った」という理由で長男を殴り、約1週間のけがを負わせたとして、傷害容疑で逮捕されていた。このことから、シャワーの湯を注入したことも虐待の一環だったと見られる。「けがを負わせるつもりはなかった」と容疑を否認する父親は、肛門を刺激することは時として命をも奪いかねない危険行為であると知らなかったのだろう。無知とは恐ろしいものである。

 このように虐待や悪ふざけで肛門を刺激された人が、直腸などの内臓を損傷し、重傷を負ったり死亡したりする事件が後を絶たない。その一方、これまでトカナでも何度か紹介してきた通り、自ら肛門に異物を挿入して抜き取れなくなる「経肛門的直腸異物」の事例も世界各地で報告されている。こうした事例の一つを、海外の過激ニュースサイト「BestGore」で見てみよう。

 まず目に飛び込んでくるのは、血まみれの尻だ。手で押し広げられた肛門に手術器具が挿し込まれ、どうやら何かを取り出そうとしているようだ。そうしているうちに、紫色の光沢を放つものがニョッキリ! 医師がそれを手でつかんで引き抜くと、なんと巨大な“なすび”だった! コンドームを被った巨大なすびがズルッと肛門から飛び出すと、「ブラヴォー!!」という歓声が沸き起こった。笑いが渦巻く手術室はお祭り騒ぎだが、手術を受けた患者にとっては、とても笑えない出来事となったに違いない。

 動画の詳細は不明だが、巨大なすびはアナルオナニー(アナニー)のために肛門に押し込まれたものと推測される。世界各地には、肛門になすびを突っ込んで自慰行為に耽る人々がいる。彼らがどのようにして快楽を貪るのかを知りたい読者は、「ナス オナニー」「eggplant anal」などのワードでグーグル検索してみるとよい。身近な野菜が大人のおもちゃとして使われている動画がたくさんヒットするはずだ。

 多様なオナニーの方法は、他者に害を与えない限り尊重されるべきである。しかし、肛門への異物挿入の危険性を認識していないと、とんでもない大惨事に発展することもあるのだ。お尻の穴になすびを突っ込んだまま絶命したら、恥ずかしさのあまり、成仏できないのではないだろうか?
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

5:匿名2018年4月 9日 00:43 | 返信

動画まであるのかw

4:匿名2018年4月 8日 22:56 | 返信

真面目腐った書き方の記事に、笑いました(笑)
「世界各地に」居るんですか(笑)

3:匿名2018年4月 8日 07:40 | 返信

ブラボー!って言うところで笑っちまった。あんなん酷いわ。

2:匿名2018年4月 4日 08:05 | 返信

いい歳したJJIが肛門に異物詰めて抜けなくなり 救急搬送
吸引分娩器で吸い出す ダメだったら開腹手術になるとかで
あわてて駆けつけたバァさん
何でこんなこと・・・って 泣いてたぞ
肛門異物騒動の裏側では こんなことがおきている

1:匿名2018年4月 1日 22:09 | 返信

記者さんにそういう趣味があるのは理解できた。
個人の自由だから否定はしないよ。
だが、読者に薦めるのはやめにしてくれないか、

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?