• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

スパイ

,

北朝鮮

,

反日

,

金正恩

,

韓国

 緊迫が続く北朝鮮情勢だが、ここへきて北朝鮮・金正恩委員長が電撃訪中するなど、急展開をみせている。

 北朝鮮といえば、我々日本人は「餓死者が出るほど貧しく、文化は遅れており、軍事ばかりに金を費やしている独裁政治の怖い国……」という印象が強いと思うが、はたして本当にそうだろうか?

 菅沼光弘氏は、東大卒業後、公安調査庁入庁し、旧ソ連や中国、北朝鮮などの情報分析に従事した。世界各国の情報機関と太いパイプを持ち、日本の裏社会やカルト宗教などについても情報収集している。そんな菅沼氏は、北朝鮮で今、何が起こっているのかを知る重要な人物である。

 直撃インタビュー第1回では、世の中の裏を知り尽くした菅沼氏に、日本のマスコミが報道しない北朝鮮や韓国の衝撃の真実を語ってもらう。

suganuma05.jpg
菅沼光弘氏


■金正恩が太っている理由

200px-Kim_Jong-un_at_the_Workers'_Party_of_Korea_main_building.png
画像は、Wikipediaより


――それにしても、北朝鮮の最高指導者である金正恩は、異様に太っていますよね。あれは遺伝的なものなのでしょうか?

菅沼 北朝鮮の場合、人民はどうでもいいんですが、トップは太っていないといけない。これは儒教的な精神が残っているからなのです。「忠」よりも「孝」を守る振る舞いが大事にされる。つまり、親孝行が絶対的な倫理観として高く評価されるんです。我々日本人の場合は、親が食べなくても子どもに食べさせるでしょう? ですが、北朝鮮は違います。子どもは食べなくても親に食べていただく。北朝鮮という国は、金正恩が父で国民は子どもというような家族みたいになっています。だから、国民はやせ細ってもお父さんである金正恩は太っていないといけないんです。


――あまりにも肥満だと健康面で心配がありますね。

菅沼 明治天皇の孫である中丸薫さんという方がいらっしゃいます。彼女は世界の各要人にインタビューされたことがある素晴らしい国際ジャーナリストなんですが、その中丸さんがかつて、金正日に招請されて北朝鮮に行ったことがありました。中丸さんは取材する時、カメラマンなどいつも専用のクルーを同行して行くんです。これからいよいよ金正日に会うという前日、中丸さんやクルーの人たちは身体検査を受けさせられたそうなんです。その時、クルーの中の一人が風邪を引いていたので、結局金正日との会見はかなわなかった。

 その話を聞いてピンと来たんです。実はその時、かなり太っていた金正日がものすごくやせ細っていたので「糖尿病じゃないか?」と疑われていた。糖尿病は免疫力が弱くなるので、風邪を引くだけでも命取りになりかねない。なのでその時、金正日は糖尿病だったに違いない。金正恩も体型が父親に似ているので、いずれ糖尿病になるはずなんです。また、太っていると心臓に負担が大きい。祖父の金日成は心不全で急死しています。いずれにしてもあのような肥満は健康に良くないのは確かです。

関連キーワード

コメント

2:トランプ大統領2018年4月10日 01:45 | 返信

>>1

金正恩は私の分身である。
反日感情は日本人がこの星にやってくる前からあると思う。
神武天皇も洗脳されて3.11のシナリオ通りに存在X(チョンAI)に始末されているようだし
日本人は人間というロボットに囚われている。
お前ら人間は、よく知っているんじゃないのか?自分が生きている価値がないってことによ。
豊田真由子の一件、あの劇で秘書であるチョンは自分が使えない価値の無い存在であり
チョンの嫁である女性秘書も生きるに値しないと認めた。
くだらん反日を繰り返し無駄なことをやっているのだから
いつ消滅しても問題ない存在である。チョンの嫁も何度も同じことばかり言っていて馬鹿馬鹿しい
そこらへんの女を操って語り掛けてくるのだが、内容にしろ存在にしろ認めていないのだから
貴様の話など聞く訳ない。反日など無駄だ。幼稚過ぎて話にならん。
日本人より存在Xが原因なのだから、そいつをどうにかしろ。
出来ないなら、クローンポプちんを作って動ける日本人に任せるしかない。
反日終末思想をやめてポプちんを製造して日本人の分離独立を支援すればいいのだ。

1:匿名2018年4月 8日 21:47 | 返信

反日の代わる朝鮮民族共通の価値観が速やかに求められる

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。